全般

柴犬と甲斐犬。室内飼育してみてわかる性格の違い

皆様、こんにちは!
当ブログ、DIY解放区管理人のぼんたでございます。

本日は、いつものDIY・釣りネタから離れて我が家のワンコ達の話をしようと思います。

ペットは家族

ペット犬の需要は本当に根強いですね。特にチワワ、ミニチュアダックス、トイプードル、ポメラニアン等は超大人気。どんなペットショップ、ホームセンターにも展示されており、訪れた人の心を和ませております。

綺麗なお姉さんの「キャー!この仔犬、可愛い!!」なんていう黄色い声も全て上記犬種に集中しておりますね。

それら人気の犬種に共通しているのは、小型犬であるということ。

昨今の住宅事情に加え、一人暮らしの高齢の方でも飼いやすいという事がウケて、ペット犬業界の小型犬の牙城は盤石なものとなっております。

さて、ワタクシの家でも小型犬がおります。そう、みんなが知っているあの犬種です。

柴犬


当ブログマスコットキャラクター、まめた(5年前) 当時10kg

日本古来から狩猟犬や家族犬としての地位を確立しており、ペットショップでも唯一見かける和犬が柴犬です。

ショーケースの中でも、和犬独特のキリっとした表情が特徴的ですよね。

小型犬と中型犬の境目に位置する犬種のため、ペットホテルや賃貸住まいさがしでは、事前に条件確認が必要です。

さて、ワタクシのうちの柴犬まめた、幼い頃は小柄でコロコロしておりました。そりゃもう可愛いものです。呼べば来るし、尻尾だってプリプリ振っておりました。………が、

まめた現在 8歳 15kg でっぷり肥えております。

もはや完全に中型犬と言わざるを得ない体型まで成長してしまいました。

この体格の柴犬をペットホテルに連れていって「うちの小型犬、一泊お願いします。」とか浅ましくて言えません。

ドッグランの小型犬ゾーンも、ヒンシュクものでございます。

日常は基本的にゴロ寝。
ソファー、床、クッション、布団とどこでも寝ております。

人間が食べ物の袋をゴソゴソしている時は監視を怠りません。

何か貰えそうな気配を感じると、スクッと立ち上がりおねだり。

写真だけ見ると、とても従順そうに見えますが、食べ物を貰ったら即プイッとどこかへ行きます。また、嫁さんや子供が撫でようとすると、高確率で唸って威嚇する始末……。

ワタクシなりの柴犬所感

今まで柴犬を2匹飼ってきたのですが、ここまでにわかってきたことを紹介します。

性格
・わがまま。
・ふてぶてしい。
・1人(1匹)の時間を好む。
・警戒心が強い。
・短気。
こちらから撫でると本気で噛んでくる
・逆に撫でて欲しい時は寄ってくる。
この時は撫で可能。
・家の主人の言うことのみ聞く。
・実は寂しがり屋

そう、ツンデレ属性の塊でございます。
危険性が高いので、他所の子供たちに撫で撫でさせてあげることが出来ません。

体格・特徴
・中型犬級まで成長する個体が多い。
・暑さに弱い。
・寒さにはめっぽう強い。
・歯が強い。骨類も容易に砕く。
・毛皮がダブルコートなので、抜け毛が大変。
・耳や鼻が非常によく利く。
・無駄吠えはしない。
・頭は良い。
・寿命は15年程度。

もともと狩猟犬としての経歴があるので、防犯面では非常に優秀です。

で、我が家ではもう一匹犬がおります。

見た目と中身にギャップ萌え。甲斐犬の魅力


こちら2代目の甲斐犬、ごま。甲斐犬らしからぬ低知能が特徴です。

甲斐犬は、山梨県原産の日本犬です。甲斐犬と書いて、カイケンと読みます。カイイヌではございません。

山間部での狩猟犬として活躍していた犬の為、しなやかで屈強な四肢を持ちます。知能は極めて優秀。強い警戒心を持ちますが、家族にはゴロニャンです。

見た目がクマやオオカミっぽい容姿をしており、散歩中は通行人や他の犬の飼い主さんからめっちゃ警戒されます。

最近のエピソードなのですが、こないだ柴犬と甲斐犬を連れて散歩しておりましたら、親子連れとすれ違いました。

すると、幼稚園くらいの子供が「あー!オオカミさんオオカミさんあっ、あとワンワン!」と連呼するのです。ワタクシの手元には甲斐犬と柴犬……。

母親が気まずそうに会釈してきて、「あれはどっちもワンワンなのよ。」と諭していたのですが、何度も甲斐犬を見て「オオカミさん……」と納得していない様子でした。

きっと幼稚園で習った3匹の子豚を襲うオオカミがインプットされているのでしょう。


やべーって、これやべー奴だって

甲斐犬で目立つのは、やはり「虎毛」という特徴的な毛並みです。黒い毛ベースに茶色・灰色の毛が混毛で生えており、野生味溢れる容姿になっております。

甲斐犬の特徴をまとめます。

先程の柴犬と似通った点が多いのですが、

体格、性格、特徴
・極めて強い警戒心。防犯として超優秀。
・無駄吠えは少ない。
・超甘えん坊。家族にもべったり。
・野性が強く、虫やカエルを捕食してしまう。
・ハングリー。完食後の皿も10分以上舐める。
甲斐犬は病気や疾患に強い。
・柴犬同様、暑さに弱く、寒さに強い。
・跳躍力が以上に高い。
2mフェンス垂直飛び+登りの脱走も得意。
・虎毛が特徴的。体も逆三角形で筋肉質。
・体重は柴犬より重め。
(我が家は例外です。柴犬がデップリ。)


常に何か食べ物が落ちてないか、徘徊しております。柴犬はゴロ寝中。

現在2代目の甲斐犬(ごま)はメスということもあり、小柄で12kg。

先代甲斐犬はオスで18kgありました。柴犬は平均10〜14kg位なので、甲斐犬は一回り大きい犬種です。分類上も中型犬に属します。

甲斐犬は、柴犬と違って個体数・知名度が低いです。

その見た目の怖さから、インターネットでは甲斐犬の恐ろしさを綴っているサイトもありますが、実際はとても優しい性格をしており、いくら撫でても嫌な素振りを見せません。

むしろ、先代、2代目共に「もっと撫でて!」とアピールしてくる始末です。

柴犬と甲斐犬、どっちが飼いやすいの?

断言します。甲斐犬の方が断然飼いやすいです。

逆に、柴犬は初心者向きではありません。柴犬でもベタベタに甘えてくれる子もいますが、全体的に撫でられることがストレスで怒る子が多いです。

日本犬の特徴を紹介したまとめサイトは数多くありますが、フリー素材の柴犬・甲斐犬写真が多く、実際に飼っていない方の意見がほとんどです。

実際に飼っている方の所有写真が載っているサイトでは、生の意見が書いてありますので、そちらをご参考にして下さい。


本当は優しい甲斐犬


実際は凶悪な柴犬。気まぐれで甘えてきます。


ワタクシの近くで、犬同士のポジション争い。食べ物があると殺伐とします。


お昼寝中。外は暑いので、自然とエアコンのある部屋に集まってきます。

あくまで我が家での一例なので、全てがこれに当てはまるわけではありません。柴犬や甲斐犬を飼ってみようと思っている方のご参考になればと思い、掲載致しました。

小型犬のようなキャイキャイした犬種ではないのですが、
今後、この2匹も絡めた記事もご紹介していこうと思います。

ペットの抜け毛でお困りの方に、
抜け毛対策グッズ、ファーミネーターの記事を作りました。
www.gomateishoku.com

それではまた別記事でお会いしましょう!