DIY解放区

工作・日常生活の知恵・釣り&料理など、自分で出来ることは自分でやってみたい!という方を応援するブログです。

ヤエン釣りで、海の人気ターゲットアオリイカを釣る。アジの泳がせからヤエン投入・取り込みまでをストーリーにしました。

皆様こんにちは!
DIY 解放区のぼんたでございます。


本記事より、いよいよヤエン釣り本編です。


ここに至るまでにアオリイカの概要から始まり、活きアジ確保など長文ダラダラとお付き合いありがとうございます。


もう一回見たい、このページから訪問したよという方は、過去記事をご覧になってくださいまし。
www.gomateishoku.com
www.gomateishoku.com
www.gomateishoku.com
www.gomateishoku.com


それでは、本編をどうぞ!

ヤエン釣りのタックルを用意しよう

ヤエン釣りの仕掛けですが、実はむちゃくちゃシンプルです。小学生でも作れます。


仕掛は道糸と菅付針の直結のみ。
サルカン・オモリ・ウキ・ハリスなど一切なし。


ヤエン釣りの場合、道糸と菅付き針の間に障害物があってはダメなんです。ここはヤエンの通り道なので、結び目一つでもあると、ヤエンがイカまで到達できずに止まってしまいます。安物ナイロン糸でも結構ですので、必ず続きもののラインを用意しましょう。



こだわり派に向けて、ヤエン専用ラインというのがあります。ライン滑りを重視して設計されています。

ダイワ(Daiwa) ナイロンライン バトルゲー ムヤエン 150m 2号 マルチカラー

ダイワ(Daiwa) ナイロンライン バトルゲー ムヤエン 150m 2号 マルチカラー







ヤエン物語

ここからは小説風に仕上げましたのでお付き合い下さい。

第1章 大海原に旅立ったアジ


金曜日、ぼんたは仕事を終え、少し仮眠してから福井県越前へ向けて車を走らせる。


途中、お決まりの常夜灯スポットに立ち寄り、サビキ釣りでアジ40匹ほどの確保を済ませる。ブクブクもセットし、あとは釣り場に向かうだけだ。


夏の暑さも落ち着き、稲穂の香りも感じられる9月下旬、ぼんたは夜も明けぬ内にお気に入りの地磯に降り立った。


「おっ、今日は一番乗りか?」


そう、ここは福井県越前のとある地磯。
潮通しもよいこの場所は、アオリイカの魚影も濃い隠れた穴場スポットだ。10年前から通い込み、知った顔ぶれも多い。


釣り具一式に加え、海水の入ったアジバケツを抱えながら地磯に降り立つのは重労働だ。決して危ないコースは通らぬ様、安全コースを通って釣り場に降り立つ。


道具の準備をしている内に、別の釣り人達が少し離れたスペースに降り立った。普段見ない顔ぶれである。


軽く挨拶をした後、ぼんたはアジバケツの上部に溜まったアクを取り除く。

先のアジ釣りから1時間以上経っており、アジバケツ内の海水が汚れてきた為だ。すかさずバッカンで綺麗な海水を汲んでアジバケツに優しく流し込む。


「よしよし。」


まだ真っ暗闇の時間、アジが釣れないことを知っているぼんたは、活きアジの重要性を痛い程知っているのだ。


朝マズメになれば、アジが釣れるのは分かっている。但し、それでは少し遅いのだ。アジが釣れだす朝マズメは、アオリイカのアタリがフィーバーを迎える時でもある。


活アジを好き勝手自由に泳がせておくスタイルのヤエン釣りは、1人で竿2本までが管理上好ましい。欲張って竿3本とか出すと、アジ同士で糸が絡まったり、隣の釣り人に迷惑が掛かるので注意したい。そこにサビキ竿も追加となると、ライントラブルは避けられない。


万全の体制でアオリイカを迎えうちたいので、サビキのアジ釣りは夜のうちに済ましておくに限る。


手際よくアジのゼイゴ下に管付き針を刺し込み、暗がりの大海原に向かってアジを放り込む。2セットのセッティングが終わると、持参した携帯用の椅子に腰を落とした。


「ふぅ。とりあえずこれで一段落だな…。」



時間にして朝4時。まだ辺りは暗真っ暗な中、ヘッドライトは必需品だ。万が一に備えて、予備ライトも必ず持ってきている。随分昔になるが、真っ暗闇の中、ヘッドライトが不意に頭から外れて真っ暗な海の中に落としてしまったことがある。

こうなると、真っ暗闇の中を歩くことは恐怖以外なにものでもない。それ以来、どんな時にもヘッドライトの予備は傾向するクセが付いていた。


虫除けも必須だ。暗い内は意外と刺されないが、薄明るくなってくると、500匹からの蚊が強襲してくるのである。一体何処から沸いてきたのか。スプレータイプはおもいっきりむせるので、霧吹きタイプを愛用している。これで蚊も怖くない。

第2章 突如、切り裂かれる静寂な時間


アジ投入から5分、いきなり目の前のリールドラグがジィー、ジィイイイイーーー!!と鳴り出した。活アジの引きではない。アオリイカだ!!


ヤエンでアオリイカを狙う場合、活アジを警戒心なく抱いてもらう為にドラグは全開に緩めてある。ヤエン釣りならではのプロセスだ。


このドラグ、通常の釣りみたいに締めたままだと、アオリイカが活きアジを抱いた時に「罠か!?」と気付かれてしまい、すぐアジを離して逃げてしまう。

全開まで緩めるとスプールが外れるリールは、海ポチャ注意!


普通、スピニングリールは90%以上がフロントドラグ仕様になっている。


しかし、ヤエン釣りに於いてはリアドラグリールが圧倒的に使いやすい。ヤエン専用リールかと思う程だ。リアドラグはフロントドラグより重量もあり、ルアー釣り等では使い物にならないが、ドラグの調整が手元で瞬時に行えるのが最大の利点だ。ヤエン釣りは置き竿なので重さも関係ない。


シマノの定番リアドラグリール アオリスタ

このアオリスタはシマノお得意のクイックレバー搭載モデルで、急なイカの引きにもドラグ調整が楽々にできる。もっと高価な軽量モデル(CI4素材)もあるが、ヤエン釣りはルアー釣りなどと違い置き竿なので、あまり軽量化は意味がない。



これはつまり、リアドラグリールはアジに抱きついていつでも逃げられる状況のアオリイカを騙すにはもってこいなのだ。


ジィイイイイ!ジィーーーーー!ジィ、ジ……………。


アオリイカがアジを抱いて20m程沖に行って、停まったぞ。アジを食べ始めたところか。少し待とう。


第3章 人間とイカの心理戦。ヤエンよ、終止符を打ってくれ。


それから2分。


「あのアオリイカの引きだ。きっと胴体がUCCカフェオレロング缶くらいの中型だろう。そろそろアジの頭を落とされたころか。縦に抱き変えて、夢中に内臓を食べているだろう。よし、少し寄せるか。」


この時点でイカに針は一切刺さっていない。ただアジに抱きついているだけなのだ。 いわゆる綱引状態。アジの尻尾付近に刺さっている管付き針が奇跡的にアオリに刺さる確率は極めて低い。アオリイカは、ヤエン投入して初めて釣りが始まるのである。


ぼんたはドラグの鳴った竿を持ち、全開のドラグを少し締めた。ここから騙し騙しでアオリイカをこちらに寄せるのである。


ドラグが緩すぎてもリールが巻けなくてダメ、逆に締めすぎてもイカに突然走られたら勘付かれるのでダメ。そこで丁度いいドラグの締め具合にするのだ。


イカを寄せる時は、竿の弾力を利用してジワリジワリ寄せる。これもまた絶妙で、大型イカだと食事スピードも早く、ノロノロ寄せている間に尻尾のみになっていることもあり大変だ。

時に優しく、時に大胆にイカを寄せる。今までの経験上、6秒で1〜2mくらい寄せるのが良いと感じている。この辺りは、経験からくる勘とイカの機嫌次第でもある。竿の弾力で寄せて緩んだ糸の分だけ、リールを巻く。この繰り返しだ。初心者は、この「寄せ」を恐れて、早々にヤエンを投入してしまうケースが多い。それは絶対NGだ。


実はアオリイカの寄せにはいくつも重要な意味がある。


1つ目は、道糸の角度の問題だ。皆多種多様な意見があるが、アオリイカが40m以上沖にいると、道糸の角度がなだらか過ぎてヤエンが滑っていかない。


2つ目は、アオリイカが沖でなく、海底側に深く潜っており道糸の角度が急な場合だ。ヤエンを投入してしまうと海底付近に群生する海藻に絡まり、ヤエンをロストしてしまうのだ。ヤエンは1000円近いので、血の涙を流すことになる。運良く海藻に絡まらなくてもヤエン・道糸角度が急過ぎると、ヤエンの特性上イカに針掛りせず針先が下を向いてぶら下がっているだけになってしまうのである。イカを海底から海面近くまで寄せて浮かせる必要があるのだ。


3つ目は、先述の少しずつ寄せるという解説と矛盾するのだが、イカにテンションを強めに掛けて寄せて。多少の綱引き状況に慣れてもらう意味がある。敢えて負荷を掛け続けることで、イカは意地でもアジを離さないぞっていう興奮状況に持って行き、ヤエンの到達に意識を向かせない釣り方だ。



とどのつまり、イカが沖だろうが海底に逃げようが、釣り人の得意な距離・角度まで寄せてからヤエンを投入する事が大事なのだ。

第4章 頃合い、そしてヤエンも大海原へ…。イカよ、お前の横暴もここまでだ。


そうしているうちに、竿を立てた時の竿先と海に走るナイロン糸の角度が30度くらいになった。
アオリイカとの距離も最大で40m近く離れていたが、寄せた甲斐あって15m程だ。糸の角度も30度くらい。ベストな位置まで寄せることができた。

「そろそろ、ヤエン投入だ。」

ヤマシタ(YAMASHITA) アオリヤエン M AYM

ヤマシタ(YAMASHITA) アオリヤエン M AYM


颯爽とヤエンを取り出し、ぼんたはヤエンを道糸にセッティング。


「よし、クリップの取り付けOK。変な取り付け方してないな、滑りもOK。……よし、行け!」


手元からソフトに放たれたヤエンは、安定した滑りでスゥーーーーっと海面に向かっていく。ヤエン投入は、決して勢いを付けては行けない。ヤエンが空中でブレると、いとも簡単に道糸に絡まってしまうからだ。海中に入ったヤエンは、空中の時よりも進みが鈍くなる。水中抵抗というものらしい。難しい言葉はよくわからないが、ぼんたは15m先にいるイカの食事中風景やヤエンの進み具合を肌で感じていた。


海中に入り始めて5秒。そろそろイカに近づいた頃だ。見立てではあと5〜10秒でイカに届くはず。ここでイカにヤエンが到達する前にドラグをガチガチに締める。しっかりアワセを入れる為だ。


ヤエンが海中に入ってから15秒。ぼんたは竿を少し寝かせて横にグーーーーっと大きくアワセを入れた。正直言ってアワセは入れなくても勝手にイカにヤエンが刺さる時もしょっちゅうあるのだが、積極的なアワセは、ぼんたにとってげん担ぎ的になっている。

ヤエンが掛かってからもアオリイカをバラしてしまうことは多い。特に手元まで寄せてタモ網に入れる直前でのバラシはしょっちゅうだ。そんな時に「あの時、もっとちゃんとアワセを入れていたら……。」という後悔をしたくないのである。


大きなアワセの直後、アオリイカのジェット噴射による抵抗が始まる。小型イカならギュンギュンギュン!大型イカならグイーングイーングイーン!魚とはまた違った独特の引きで、とても心地良い。このアワセの後はガチガチに締めたドラグを多少緩めておく。アオリイカのジェット噴射で身切れするのを防ぐ為だ。


逃げる途中、アオリイカイカ墨を海中に吐きまくっている。納豆のネバネバ汁を墨汁で染めたような粘り気のある墨だ。近くまで寄せる頃にはイカ墨の残量も少なくなり、ブシュブシュと海水を吐いているだけだ。


それをタモ網の枠内まで寄せて、そっと掬えばイカゲット確定だ。あと少し、あと20cmでタモ枠の中だ。



最終章 新たな使徒、到来


と、その時!!


もう1本の竿に装着しているリールから、ジャゴアァァアアアアアーーーーー!!とけたたましいドラグ音が鳴り響く。

「クッ!!こんな時に!」


一度音が鳴り止んだと思ったが、ジィーーー!ジィーーーーーーーーーーーー!!と、どんどん糸を出して行く。ヤエン用三脚は安定しているので竿の落下の心配はないのだが、鳴り止まないドラグ音があまりに心配だ。


ヤエン専用設計の三脚(ダイワ製)

竿先をアジが泳ぐ下に向けて置き竿ができるので、一番警戒心の強い初回の走り出しをスムーズに糸出しできる。2本同時に設置可能。


「マズい!これ以上走らせるわけには行かない!」


普段は冷静沈着なぼんたも、この時ばかりは同様の色を隠せない。2本目のリールのドラグが、この短い時間で凄まじい勢いで出ていくのを目の当たりにしてしまったからだ。


「糸は100mはあるし十分だ。但し、あの引きは超大物の可能性がある。」


滴る汗、震える指先。一瞬の迷いを押し殺して、ぼんたは一つの決断を下す。


「いや、今は目の前の敵に集中するべきだ。」


昔からよく言うではないか。


2頭追うものは一兎も得ず。虻蜂取らず。両手に華。最後の一つ、明らかに使い方間違えていると思いつつ、仕上げ間近のアオリイカの回収に集中する。


「タモ網をアオリイカに持っていくのではなく、アオリイカをタモ網に誘導するんだ。」


そうした状況でも驚くべき集中力を持って、ぼんたはアオリイカ1杯目をタモ網に納めることに成功した。


ダイワ 玉網

柄とネットのセット。4.5~6.0mまで対応できるので堤防・磯など幅広く対応可能。低い堤防なら3.0mでも事足りるが、磯や少し高さの出る堤防だと全然長さが足りず後悔する。海で使う玉網は、5.0mを基準と考えておけば多くの釣り場で対応可能。



「やった........!!!」


何百何千とアオリイカを採ってきても、この陸揚げの瞬間は感動するものである。


陸揚げされ、僅かな墨を吐き最後の抵抗を示したアオリイカだったが、もうここまでくればまな板のコイ同然だ。すぐさま先程の2本目の竿に持ち替える。


「ん?しばらく動きがないな。よし、随分糸が出たしもうここは寄せてしまおう。」


竿を寝かせ気味に持ち、グーっと引き寄せる体制に入るぼんた。ドラグも結構締めている。しかし、その時大きな違和感を感じる。


「あれ?おかしいな。寄らないぞ......というか.......底に潜られて、海藻に根掛かりか?」


その周辺は、海藻はないはず。あるのはゴツゴツとした岩場の海底だけだ。アオリイカは沖に逃げるケース、底に潜るケースとさまざまな捕食パターンがあるが、こんな根掛かり起こすレベルまで岩場の隙間に潜り込んだりはしないはず......。


「...........ま、まさか!?」


........と思った矢先‼︎‼︎
ギュギュ、ジ、ジィーーー‼︎結構締めた筈のドラグが、根負けして音を立て始める。


「この竿の引きは、イカじゃない。ドラグを締めているのにアジを離さずに引っ張り続けるということは……大型魚か!?」


ぼんたはドラグの微調整をし、獲物を海面に浮かせる為に竿先を天に向けた。そして、竿の弾力を最大限に活かしつつリールでポンピング巻きをする事1分、遂に海面に姿を現したのは、実に巨大なアコウ(キジハタ)。幻の高級魚とか言われることもある超嬉しい外道だ。慎重にタモ網にお引き寄せ、ランディングに成功。


「でかい!」


計測すると43cm。このサイズになると体高もあり、身肉もたっぷりだ。ハタ科に属するアコウは、クエに勝るとも劣らない。白身の刺身は伊勢海老と鯛の良いところ取りといった身質といったところか。


「今夜は、最高の晩酌になるな」

f:id:gomateishoku:20190904221659j:plain
アコウの刺身とアラ汁。これだけで最高の晩酌になる。

エピローグ 死闘の果てに


釣れたアオリイカと大型のアコウをクーラーBOXに片付けようとした時、ぼんたは背後に気配を感じた。


振り返ると、ぼんたの後で釣り場に到着した釣り人達だ。聞くとアオリイカのヤエン釣りを初めて挑戦しに来たものの、アジが全く釣れずにヤエンが出来なくて凹んでいる様子。遠路はるばる名古屋から来ている様で、なんとも気の毒だ。


ぼんたの手持ちのアジはまだたっぷりある。見兼ねたぼんたは「この暗がりの中ではアジは釣れませんよ。宜しければ、私のアジを使って下さい。」と声を掛けると、名古屋の釣り人達は本当に嬉しそうに「いいんですか!?でもタダで戴くのは忍びないので、買わせて頂きます!」との返答。


「いえ、一緒に楽しみましょう。お金なんて頂けません。」その後、「いえいえそんな」「いえいえそんな」の押し問答の後、ばくだんおにぎりとお茶を貰い受けることになった。


その後、お互いの持ち場に戻るやいなや、アオリイカのアタリが頻繁に続く。一度かじられて離されてしまったアジも、もう一度遠くへ投げると直ぐにイカが抱いてくる。今日は活性が高い。


気がつけばイカが22杯、大型アコウが2匹、中型ヒラメが1匹という大漁で終わった。時間は朝4時からスタートし、9時を回っていた。


帰り際に、名古屋の釣り人のところへ行くと、初アオリイカが8杯釣れたとの事。アジもあれから薄明るくなってきてから釣れたが、すぐに外道だらけになって苦戦したらしい。初アオリ挑戦で華々しいスタートが切れたという事で、これでもかと言うほど感謝されてしまい、照れ臭くなってしまった。遠征で来ている方々だからこそ何とかアオリイカが釣れて欲しくて、他人の釣果ながらとても嬉しかった。別れ際にこれまたばくだんおにぎりを追い打ちでプレゼントされてしまった。あのー、もうお腹いっぱいなのですが。


「まだ朝9時だが、今日はとてもいい一日だった。一眠りしてから安全運転で帰ろう。」


涼やかな風が背中から大海原に向けて吹き抜けてゆく。秋アオリイカのヤエンシーズンは、まだ始まったばかりだ。

f:id:gomateishoku:20190904221359j:plain


ーーーーーーー終了ーーーーーーーー



はい、おしまいです。若干ストーリーを美化しておりますが、大体こんな感じでアオリイカ釣りに行っております。実際は、慌ててヤエンを道糸に絡ませたりとか、タモ網忘れたりとか色々ありますが、大体なんとかなります。でも、ヤエンを持ってくるの忘れた時はさすがに焦りました。親切なおっちゃんが使ってないヤエンをくれたりしたこともあります。皆、楽しみに来ているので、ギスギスせず楽しく釣りを楽しみたいですね。


本日は、ここまでです。
次回、ヤエン釣りで必要な道具一式の記事を作成します。

作成次第、UPさせていただきます。
それでは!

※記事作成出来ました。
www.gomateishoku.com


※ついでに自作LED投光器(集魚灯)の記事も作りました。合わせてお読み下さい。
www.gomateishoku.com


©DIY解放区 All Rights Reserved.