DIYネタ

ミニルータービットの違いを素人ながらに分析する

皆様、こんにちは!

DIY解放区管理人のぼんたでございます。

 

前回、ワタクシのミニルーター歴をお話させていただきました。

まだお読みでない方は、ミニルーター本体編も合わせてどうぞ。

切削・切断・研磨と万能な電動工具,ミニルーター。趣味の自作からプロユースまで工作の幅をグッと広げます。皆様、こんにちは! DIY解放区管理人のぼんたでございます。 本日は、私の工作グッズの中で最も使用頻度の高い電動工具ミニルーター...





大人になってからミニルーター(ミニリューター)を知ったワタクシ。

少年時代にミニルーターという便利なものは無く、ミニ四駆改造等はハンドドリルやハンダゴテ、炙ったカッターナイフ等を使っておりました。

ぼんた
ぼんた
今思うと、ミニルーターがあればもっと色んな事が出来たのになぁと振り返ってしまいます。

大人も子供も楽しめるホビーツール、ミニルーター。

その最大の魅力は、豊富な種類の先端ビットにあります。
先端ビットを使い分けることで、用途に応じた工作ができるようになります。

そこで本日は先端ビットを揃えるご予定の初心者の方へ、ワタクシなりに知り得た先端ビットのお話しをしようと思います。

先端ビットの規格を知ろう。

販売されているミニルーターの先端ビットは、太さが3種類あります。

先端ビットの太さは3種類。

2.35mm 3.0mm 3.2mm です。

ミニルータービットの太さ
太さ ビットの普及度 対応する本体の多さ
手に入りやすい 本体も多い
ネット中心 ネット中心
ネット中心 ネット中心

ここで、よくある疑問をまとめてみました。

どの太さで揃えたらいいの?

おすすめは2.35mmビット。

100均のダイソーも、ビットの取扱いは2.35mmのみです。

先端ビットがそんな状況なので、本体も2.35mm用が業界標準となっております。

2.35mmと2.34mmって規格あるけど….違いは?

たまに2.35mmに混じって2.34mmのビット表記がありますが、0.01mm差なので一緒です。

どちらも互換性があり使えますので、ご安心下さい。

では、3.0mmと3.2mmは互換性あるの?

こちらは0.2mm差があり、互換性がありません。

ビットも挿し込めないので、全く別物となります。

まめた
まめた
0.2mmの差は大きいワンね。

本体が2.35mmと3.0mmの両サイズ対応みたいですが?

その場合、揃える先端ビットは、できる限り2.35mmビットで統一しましょう。

2.35mmのビットは3.0mmより軸が細いですが、ジュラルミン(強化アルミ)をゴリゴリ切削しても十分な強度があります。

特に理由がなければ、2.35mmで統一しよう。

太さがバラバラだと、ビット交換の度にコレットスリーブ(太さを変換するアダプタ)の抜き差しが必要になるので使い分けが面倒です。

※コレットスリーブについては後述します。

ぼんた
ぼんた
では、いよいよ先端ビット達のご紹介です。

ここに挙げているのは、あくまで一例。

先端ビットを上手に使い分けすることで、ミニルーター工作が奥深くなります。




先端ビットの種類

ダイヤモンドビット 用途:精密作業向き

先端に工業用ダイヤモンド砥粒を電着固定したもの。

ダイヤモンドビットの特徴
切削力 ゴリゴリ切削には向かない
精密性 かなり細かい作業ができる
形状の豊富さ 形状のラインナップはピカイチ
主な用途 バリ取り・ちょっとした掘りこみなど

ガラス製品や瀬戸物彫刻などを中心とした精密作業に向いています。

金属やプラスチックのバリ取りなどにも使えます。

砥粒の薄い層で削るので、あくまで切削力は小。

溝が深いビットの様に、木材をガンガン削る等の用途には向いていません。

その代わりビットを滑らせてしまうミスが少ないのが特徴です。

あまり頻繁に使用していると表面の砥粒層が剥がれてくるので交換しましょう。

ダイヤモンドビットセット
created by Rinker
JINTONG
¥855
(2020/03/28 10:33:31時点 Amazon調べ-詳細)

様々な先端形状のダイヤモンドビットを試して、腕を磨いていきましょう。

切断系ビット  用途:切断(裏技で針作成も)


切断系ビットは、対象物を切断するための専用ビットです。

プラス・マイナスドライバーなどで、ビット刃の交換・着脱を行うことができます。

切断時にかなりの高負荷が掛かるので、高トルクパワーの中級機種以上向きです。

ぼんた
ぼんた
低トルクのミニルーターだと、すぐに回転が止まってしまいます。モーター寿命も縮まるのでおすすめしません。
まめた
まめた
ふむふむ。切断にはある程度しっかりしたミニルーター本体が必要わんね。

切断系ビットには主に2種類あります。

表を作りましたので、参考にしてください。

ダイヤモンド円盤ビット 薄刃円盤ビット
外観
切断力 安定している 硬いものに弱い
耐久性 高い 低い
側面の有効性(裏技) コソッ…釣り針作りに 有効性なし
切断面のうすさ 普通 薄い

かなり独断も入っておりますが、こんな具合です。

ダイヤモンド円盤ビットは耐久性が高く、小さい竹・枝の切断加工、アクリルパイプの切断加工など幅広く使えます。

切断時に発生するバリと言われる不均一面は、最初に述べたダイヤモンドビットで綺麗に整えることで補うことができます。

対して、薄刃円盤ビットは本当に薄いので変な角度で対象物に当たると刃が損傷することがあります。

フィギュア製作等、切断厚みを出したくない時に向いております。

ダイヤモンド円盤ビット

最初のうちは小さい刃径で丁寧に切断する練習をしましょう。

ぼんた
ぼんた
実は・・・本来の使い方ではないので自己責任になりますが、ワタクシはダイヤ円盤ビットの側面を使って釣り針を製作しております。

ダイヤ円盤ビットを使った自作釣り針の記事UPしました。

DIYで自作した釣り鈎(針)で魚をゲットしよう!【完全保存版】皆様、こんにちは! DIY解放区管理人のぼんたでございます。 本日のテーマは、これです。ジャン! 釣り鈎(針)の自作 釣...

実用性十分。釣りをされる方なら、ぜひお試しください。

その他の円盤ビット類

円盤系ビット共通に言えることですが、外径が大きくなると回転時のブレ・モーター負荷が大きくなるので、15,000回転以内で使用しましょう。

真鍮ブラシ、スチールブラシ 用途:汚れ・錆落とし

↑金属ブラシは、ちょっとした汚れ・サビ・塗装落としなどに使用します。

金色の方が真鍮(しんちゅう)ブラシで、銀色のスチールブラシに比べて少し柔らかいです。

対象物が柔らかい場合、真鍮ブラシから使用すれば余計なダメージを与えずに済みます。

真鍮ブラシで効率が悪い時はスチールブラシに切り替えましょう。

真鍮ブラシビット 2.34mm軸(2.35mmで使用可)
created by Rinker
柳瀬
¥216
(2020/03/28 23:47:17時点 Amazon調べ-詳細)

スチールブラシビット 2.34mm軸(2.35mmで使用可)
created by Rinker
柳瀬
¥216
(2020/03/28 23:47:17時点 Amazon調べ-詳細)

まめた
まめた
あくまで小物用のサビ落としワン。大きなサビはディスクグラインダーとか別の工具が必要ワンよ。

ナイロンブラシビット 用途:汚れ落とし

ナイロンブラシは一見ただのナイロン線を束ねた円盤状の歯ブラシに見えます。

これ需要あるのかとワタクシも思っていましたが、いざ使ってみるとビックリ。

なんと対象物の汚れが落ちてピカピカになるのです。

ナイロン線に砥粒が組み込まれている為、研磨力が高いとのことです。

ぼんた
ぼんた
何かを削るという力は全くありませんが、汚れ落としに活躍します。
ナイロンブラシビット

真鍮ブラシやスチールブラシを使う前にこれを試すとよいでしょう。

ゴム砥石ビット

写真は円盤状のゴム砥石ですが、さまざまな形状のゴム砥石があります。

ワタクシは、ドングリ状のゴム砥石を好んで使います。

これも上記のナイロンブラシ同様に、ただのゴムにしか見えないのですがちゃんと砥粒が練りこまれております。

ぼんた
ぼんた
ゴム砥石は、ダイヤモンドビットや砥石系ビットに比べて削る力は劣りますが、なめらかに削るという点では非常に優秀なビットです。
ゴム砥石ビット

ゴム砥石ビットは、仕上がりがとても綺麗。

欠点は、摩耗が早い点です。

バフ系ビットと青棒(研磨剤)

小学校の図工で使ったあぶら粘土のような見た目です。

金属の光沢を出すための研磨剤が練りこまれております。

切削力はありませんが、くすんでしまった金属をピカピカにする力を持っています。

入手はホームセンターやAmazon等。

利用方法として、バフ系ビットを低速回転でこの青棒に当てます。

すると、徐々にバフに研磨剤が刷り込まれていきます。

好みの量がバフに乗ったら対象の金属に優しくあてがい研磨をしていきましょう。

擦り始めは金属が真っ黒になるので、おいおい大丈夫かとなりますが心配ご無用。

そのまま研磨をし続ければピカピカに仕上がります。

シルバーアクセサリなどの指輪の研磨に使えますが、まずは身近な100円玉辺りから攻めましょう。

研磨後は対象物をウエス(布切れ)できれいに拭きましょう。

研磨バフビット

研磨バフのビットにも様々な形状があります。

磨きたい金属に合わせた形状のビットを選びましょう。

研磨剤(通称:青棒)
created by Rinker
柳瀬
¥545
(2020/03/28 23:47:25時点 Amazon調べ-詳細)

ぼんた
ぼんた
金属アクセサリのメンテナンスには必須。ダイソーには極まれにしか売っておりません。

この青棒、一つ買えば超長持ちします。なかなか減りません。

正直、ハーフサイズで売ってほしいです。

砥石系ビット

頻繁に使う砥石系ビットです。

ビットの形、砥石の素材も様々で豊富なラインナップが売られています。

大まかに分けると、

ピンク砥石ビット:WA砥石#150  鉄・アルミ・真鍮等に。
茶砥石ビット:WA砥石#80番  鉄・アルミ・真鍮等に。
緑砥石ビット:GC砥石#150  石・ガラス等に。

で分別できます。#の番手は数字が大きい程、目がなめらかなります。

砥石は本当に沢山の種類があり、最初は何から揃えれば良いのかわからない方は多いと思います。

ぼんた
ぼんた
正直、今でもよく分かっておりません。

確かな事は、砥石と被加工物には相性があるという事です。

まめた
まめた
実際に削ってみると段々掴めてくるから、色々試してみるのが一番だわん。
砥石ビット

こちらは砥石系に加えてダイヤモンドビット、ゴム砥石、バフ系とよく使うビットの盛り合わせ。

実用的で大変お得。但し、魅せ方が….きのこの山?

超硬ビット

ダイヤモンドビット・砥石系ビットと違い、超硬ビットは切削力が非常に高く、被加工物をスピーディーに切削することが可能です。

金属や木材をサクサク 削ることができるので、手に入れてとても満足度の高いビットになることでしょう。

高い切削力の代償に仕上がりは粗くなるので、仕上げは砥石系ビット等と併用して行うことで、効率よく満足いく作品ができます。

超硬ビット

超硬系ビットは一本ずつ揃えるとめちゃくちゃお金掛かります。

最初はこの様なセット品がおすすめ。

ぼんた
ぼんた
但し、大陸製なので、箱やパッケージはボロいです。詳しくは記事最後に書いてます。

小径ドリルビット

対象物に穴を開けるビットで、こちらもよく使用します。

0.3~1.2mm位までのサイズが幅広く販売されております。

ぼんた
ぼんた
穴あけは、切断同様にミニルーター本体の性能がとても重要なので、高トルクのミニルーターが必要になります。

パワーの弱いミニルーターで穴あけすると、頻繁にドリルが途中で止まってしまいます。

また、本体モーターにも悪影響です。

小径ドリル系ビット 2.35mm チタンコート
ぼんた
ぼんた
穴あけはちょっとコツがあります。

大きな穴を開けたいときのコツ

  1. 細い径のドリルで下穴をあける。
  2. 徐々に太い径のドリルで開けていく。

プラスチックに穴を開けたいときのコツ

  • 低回転で行う。(高速回転だと、材料が溶けてしまう。)

以上です。

慣れが必要ですが、上手になるために練習を積みましょう。

2.35/3.0/3.2mmを変換するコレットスリーブ

入門機のミニルーターは、使用できるビット軸の太さは2.35mmのみです。

中級機とかになると、2.35mmに加えて3.0mmや3.2mmのビットも使える様な構造になっております。

ぼんた
ぼんた
コレットスリーブの役割をイラストで書いてみました。
まめた
まめた
なかなか分かりやすいわんな。よしよし。
ぼんた
ぼんた
まめたに褒められても・・・・。

小さい部品だけど、とても重要なコレットスリーブ

こちらのミニルーター本体(アルゴファイル スターライトセット)は、2.35mmと3.0mmのビットに対応。

標準でφ3.0コレットが埋まって固定されており、3.0mmビットがそのまま差し込みできます。

で、写真の小さい部品がφ3.0→φ2.35に変換するコレットスリーブ。

本体購入時に同梱されております。

これを差し込む事で、入手しやすい2.35mmビットも使えるようになります。

もちろん、専用設計された製品なので高精度。

コレットスリーブを入れたから軸がブレるということはありません。

ワタクシ愛用のミニルーター本体

created by Rinker
アルゴファイル
¥21,212
(2020/03/28 23:47:22時点 Amazon調べ-詳細)

ミニルーター性能において、とても重要な低速トルクパワーも十分。金属加工も出来ます。

軸精度・静音性など全てにおいて満足度高い本製品、

この価格帯では衝撃のフットペダル付きです。

いちいち指でスイッチを入切せずに済むので、作業に没頭が可能。

ぼんた
ぼんた
文句なしにおすすめのミニルーターです。

おすすめのビット揃え方

最後に個人的なおすすめの揃え方ですが、

バラエティーに富んだ先端ビットのセット商品(50pc等、BOXに沢山入っている商品)を購入。

ミニルータービットセット 100pc

created by Rinker
イチネンMTM ツール事業部
¥3,229
(2020/03/28 23:47:26時点 Amazon調べ-詳細)

このリリーフのセットはスタートキットとして、100pc入り。

とてもバランスよく揃ってます。

こういうセット商品購入時に気をつけたいことがあります。

それは、200pc入とか数量だけ見ると魅力的な商品でも、実際は円盤状ヤスリやロール状ヤスリなど原価が安いものばかり大量に詰め込まれて数が稼がれており、肝心のよく使う砥石系やゴム系が少ない場合があります。

初めて揃えるならば、内容がバラエティーに富んだものを選ぶようにしましょう。

一通り使った後に50pcセット品とかでは同梱されていない超硬ビット系を買います。

サクサク削れるのが、何より楽しいですよ。

超硬ビットセット 10本入り 2.35mm軸

この超硬ビットセットは大陸製ですが、コストパフォーマンスが最高です。

注意点として、なんかケースが明らかに中古プラケースっぽくて中国語の書いた破れたシールが貼ってました。

まめた
まめた
ネットに潜む闇わんね。

但し、ビット自体は大変良好なので色々なものが気持ちよく削れます。

日本製だと超硬系ビットは1本で2〜3千円くらいするので、割り切ってこちらでのスタートをワタクシ的にはおすすめします。

アルゴファイル製超硬ビット(国産) 2.35mm

こちらは国産の1本モノ。

アルミをゴリゴリ削る用事があった時に買ったアルゴファイル製超硬ビット。

勇気を振り絞って1本買いましたが、中国製の10本セットの超硬ビットと大差がなかったので、もったいなくてお蔵入りしております。

そしてミニルーターに慣れて来た頃に、よく使い消耗の激しいビット(ドリルビット・ゴム砥石系等)をダイソーやネット通販で買い足す。(ミニルータービットは、実店舗では割高です・・。)

といった流れがバランスよくミニルーターの魅力を感じられると思います。

家の中で何かモノづくりをしてみたいなぁっていう方に、ミニルーターは本当におすすめです。

ワタクシも趣味の一環で購入しましたが、何でもっと早く導入しなかったんだろうと思います。

ぼんた
ぼんた
大型工作には全然向きませんが、小物系加工ならミニルーターの独壇場です。

ビットを揃えるのが趣味になっている人もいますが、やはりビットは使い倒してなんぼ。

多彩なビットを揃えて練習し、アナタも【ミニルーター 使い】になりませんか?

本日はミニルータービットの違いを素人ながらにご説明させていただきました。

宜しければ、また他の記事でお会いしましょう!




アルゴファイル社 マイクロモーターシステム スターライトセットのレビュー記事

ミニルーター アルゴファイルスターライトセットの特徴レビュー。皆様、こんにちは! DIY解放区のぼんたでございます。 ワタクシのブログ内では、電動工具ミニルーターがちょこちょこ登場します...