未分類

ミニルーター アルゴファイルスターライトセットの特徴レビュー。

皆様、こんにちは!

DIY解放区のぼんたでございます。

ワタクシのブログ内では、電動工具ミニルーターがちょこちょこ登場します。

毎回登場しているのが、アルゴファイル製のスターライトセットというミニルーターです。

お値段は、ざっくり2~2.5万円。

お高い部類に入るミニルーターにも関わらず、商品リンクのクリック数と購入者さんが結構多いので、もうちょっとこの機種の内容を掘り下げてお伝えしてみようと思います。

個人ブログなので偏ったレビューになりそうですが、ご参考になればとても嬉しいです。

このミニルーターに出会うまで

私は、4機種のミニルーターを購入・失敗して、ようやくこの製品に辿りつきました。

ぼんた
ぼんた
本当は、最初からこのアルゴファイルスターライトセットを購入していれば済んだ話なのですが、やはり導入機で2万ちょっとは出せなかったのです。
まめた
まめた
そりゃそうワン。5千円~1万円くらいで格好良いミニルーターがネット販売されてるのに、いきなり2万円ちょっとの買うのは怖すぎワンよ。

これまでに買ったミニルーター本体の記事は、こちらをどうぞ。

切削・切断・研磨と万能な電動工具,ミニルーター。趣味の自作からプロユースまで工作の幅をグッと広げます。皆様、こんにちは! DIY解放区管理人のぼんたでございます。 本日は、私の工作グッズの中で最も使用頻度の高い電動工具ミニルーター...

ミニルーターの店頭機が少ない!

ミニルーター沼にはまってしまった理由の一つに、ミニルーター市場規模の小ささがあります。

『ホビー』というジャンル内では、確立された地位をもつミニルーターですが、一般人の認知度はまだまだとても低いのが現状です。

それゆえに、実店舗での店頭デモ機が少ないのです。

実店舗 小型ホームセンター 大型ホームセンター ホビーショップ
取扱ブランド ノンブランド プロクソン

ノンブランド

アルゴファイル

プロクソン

種類 極めて少ない 少ない 少ない
試用機 極めて少ない 極めて少ない

安いミニルーターといえども数千円します。

店頭デモ機があれば試してみたいのですが、現状では困難。

先端ビットも、実店舗販売が少ない!

これも、ミニルーター本体同様にお困りごとです。

東京秋葉原・大阪日本橋などの近くに住んでいる方は比較的簡単に実店舗購入ができますが、大多数の方はそうもいきません。

店舗 ダイソー 小型ホームセンター 大型ホームセンター ホビーショップ
ビット オリジナル プロクソン

ヤナセ

プロクソン

ヤナセ

種類 3~5 店舗による 数十種
価格 110円 高い 高い 

小型ホームセンターに至っては、先端ビットが単品販売されていない店舗がほとんど。

まだまだミニルーターの世界は狭いので、今後の展開に期待したいところです。

アルミの塊を削ってエギを作りたい…!!

ワタクシ、先代4機種のミニルーターを持ち始めてから、さまざまな釣具の制作に挑戦しました。

その中に、「液体樹脂(透明レジン)を使って、エギを手作りしたい」という想いがありました。

早速、ネットでジュラルミンインゴット(アルミの塊)を注文。

※既にちょっと削った写真です。

これをミニルーターでちまちま手彫りするという地道な作業を始めます。

しかし、相手が金属なのでうまくいかず。

並のミニルーターでは歯が立ちません。

これまで購入した4機種は、精密性・パワー・機能性・汎用性のいずれかが欠けており、作業が進まず苦戦しておりました。

ぼんた
ぼんた
良いミニルーターなら、もっと快適に作品製作できるんじゃないだろうか?悩んでも解決しないなら、いっそ買ってしまおうか?

Amazonでは、アルゴファイル マイクロモーターシステム スターライトセット ブラック

という2万円ちょっとの商品が、とても評価が高いとのことで、とことん調べました。

欲しい、でも高い。

欲しい。でも高い。

・・・でも欲しい!!

毎日毎日、アルゴファイルミニルーターのことを調べて1週間くらい悩みました。

もう、頭の中ではアルゴファイルミニルーターのことで一杯です。

こうなると、購入しない理由が見つかりません。

えーい、ままよ!ポチ!

ぼんた
ぼんた
かかか、買っちゃった…..!!

アルゴファイル スターライトセット購入

さて、そんなこんなで届いたアルゴファイルのミニルーター。

様々な場面で役立っておりますので、ご紹介します。

速度調整機能がついている。

これは5千円以上のミニルーターなら、多くが搭載されております。

・丁寧に削れる。
・プラスチック類を溶かさない。
・静かに作業できる。

ダイヤルを回すことで、回転速度を簡単に可変できるので、対象物に合った切削ができます。

他製品より優れている速度調整機能

このミニルーターは回転速度を0~35,000回転/minに可変できるのですが、注目すべきは最小回転速度が0回転~という点。

他社は最小回転3000回転~/minとかです。

本製品 0回転~/min 他社製品 3000回転~/min
◎ 撫でるように作業可能 △ 削りすぎないか心配
ぼんた
ぼんた
デリケートな切削・研磨の時に、この超スロー回転は重宝します。

まるで手で削っている様な感覚。

ちょこーっとだけ削りたい時などに最適です。

全回転域で高トルク・ハイパワー

ミニルーターの役目は大きく分けて、削る・穴をあける・切断する・磨くの4つです。

このうち、削る・穴をあける・切断するのは大きなトルク(パワー)が必要です。

まめた
まめた
トルクが足りないとどうなるワンか?
ぼんた
ぼんた
止まっちゃうよ。作業中に止まるとイライラするし、無理して使い続けるとモーター負荷が大きくなり、発熱して危ないよ。

ワタクシの持っている2機種で違いを比較してみましょう。

トルク比較 アルゴファイル(高トルク) 浦和工業HD20A(低トルク)
写真
柔らかい物
硬い物
穴あけ ×
切断 ×

↑こんな状況です。

両機種とも、精密回転はとても優秀なのですが、トルクが全然違うのです。

快適に作業をするという点では、アルゴファイルの高トルク(3.0Ncm)は外せません。

特に魅力的なのが、低速回転時のトルクがとても強い事。

どんなミニルーターも、高速回転にすればトルクUPしますが、ゆっくり・丁寧に対象物を削るには、低速回転が必須です。

そんな低速回転時でも、モリモリ高トルクを維持して切削できるのがアルゴファイルです。(止まらない。パワーが落ちない。)

パワフルさとゴツさで有名なドレメルハイスピードロータリーツール4000(トルク表記なし)と比較しても、ジュラルミン切削においてパワー不足を感じません。

正逆回転機能が搭載されている

10000万円以上のルーターなら大体付いている機能です。

スイッチを切り替えることで、逆回転にすることができる便利な機能です。

まめた
まめた
これ、意味あるワンか?
ぼんた
ぼんた
あるある!特に、硬いものを削る時は絶対に必要な機能だよ。

正逆回転機能はこんな時に有効

削る対象物は、必ず山と谷があります。

山から谷へ向かう方向に回転していると、先端ビットがズルッと滑ってしまい対象物を傷つけてしまうことがよくあります。

ぼんた
ぼんた
せっかくの作品作りが、ミニルーターのせいで台無しになったら悲しくなります。

そんな時、正逆回転機能があれば、的確に対象物の山・谷の切削をすることができます。

まめた
まめた
なかなか魅力満載のミニルーターワンね。他にも目玉機能あるワンか?
ぼんた
ぼんた
うん、あるよ。フットペダル!

ON・OFFフットペダル機能

これはミニルーター使いにとって、とても嬉しい機能です。

ミニルーター工作は、削る→目で確認→削る…の繰り返しです。

目で確認する際は、ゆっくり見たいもの。

でも、ミニルーターがウィーーンって回転しっぱなしだと気が散ります。

普通のミニルーターならば、手で毎回スイッチを切るか、我慢して回転しっぱなしで確認作業をするかの2択です。

これを解決してくれるのが、ON・OFFフットペダル。

足元のスイッチを踏めばストップ、もう一度踏み込めばスタートします。

この機能があると、両手がそのままで落ち着いて確認作業ができるので、ミニルーター工作がとても楽しくなります。

ぼんた
ぼんた
もし、あなたのお持ちのミニルーターにフットスイッチ機能がなくても、汎用品を流用することでON・OFFフットスイッチ化は可能です。

↑ELPAのフットスイッチをDIYした例。

踏み心地はとても悪く、失敗。

上記のタイプは電気配線加工が伴いますので、第2種電気工事士資格が必要です。

ぼんた
ぼんた
配線加工不要で、コンセントもついている便利なフットスイッチを見つけたので、リンクを貼っておきます。これでお手持ちのミニルーターのフットスイッチ化ができますね。
created by Rinker
大阪自動電機
¥2,682
(2020/02/19 04:16:57時点 Amazon調べ-詳細)

連続作業時間の制約がない

これも大事な要素です。

連続作業時間 アルゴファイル プロクソン
15分
30分
60分 ×
それ以上 ×

例えば、プロクソンのミニルーターは連続作業時間30分(=冷却時間30分)です。

ちょっと削りたい時には十分なのですが、今日は休日だしガッツリ削るぞぉ!っていう時はモノ足りません。

これに対して、アルゴファイルは削り放題。

冷却時間を気にせず、集中力の続く限り削ることができます。

ビット着脱が工具不要でワンタッチ

これも、大変便利な機能です。

下の表をご覧下さい。

アルゴファイル 他ミニルーター

ビットの取り付けも工具不要で楽ちんです。

ぼんた
ぼんた
ミニルーターはビット交換が頻繁にあるので、ワンタッチ着脱はとても嬉しい機能です。

2.35mmと3.0mmのビットが使える

この規格のビットが使えるということは、市販されている殆どの先端ビットが使えるということです。(ドレメル社3.2mm製品除く)

※アルゴファイルシリーズのスターライトセットはブラックとホワイトがあります。

ブラックは、3.0φコレット+2.35φスリーブ仕様のみ。

ホワイトは、3.0φコレット+2.35φスリーブ仕様 又は2.35mm専用モデルがあります。

それにより、販売価格に3000円程の違いがあります。

ホワイト2.35mm専用モデルは、購入後に「やっぱり3.0mmビットも使いたい」ということはできませんのでご注意下さい。

対応機種 ブラック3.0+2.35 ホワイト3.0+2.35 ホワイト2.35
2.35mmビット
3.0mmビット ×

 

コレットスリーブの役割

太さの違うビットの交換には、コレットスリーブという部品を使います。

付属品でついております。

小さいので、無くさない様に注意!

万が一紛失したウッカリさん用にコレットスリーブ単品の販売もあります。高いですが。

created by Rinker
アルゴファイル
¥2,837
(2020/02/19 04:16:58時点 Amazon調べ-詳細)

付属品(おまけ)

保護メガネ・防塵マスク加えて、ダイヤバー30本セットがついてくるので、配達されてからすぐに使えます。

出来上がったDIY作品

アルゴファイルのミニルーターを使用し、出来上がったのが下の作品になります。

加工前 加工後

苦心した甲斐があって、完全手作りエギの金型ができました。

この金型にレジン・エポキシと言われる液体樹脂を流し込むことで、プラスチック製のエギを作ることができます。

ぼんた
ぼんた
お気に入りの手作りエギをロストしてしまったので、プロトタイプしか手元にありませんが見てください。

↑プロトタイプなので、お恥ずかしいことに気泡が多いです。

左が透明レジン樹脂ベース。右がエポキシ樹脂ベースです。

レジンの種類を変えることで、綺麗なエギが作れる様になります。

まとめ

ここまで、アルゴファイルスターライトセットの特徴をお伝えしてきましたが、いかがでしたでしょうか?

購入には2万円ちょっとの予算が要りますが、今のミニルーターで満足出来ていない方や、これからちゃんとしたミニルーターで工作を始めてみたいという方には、とてもおすすめのミニルーターです。

ブラックモデル 3.0φコレット+2.35φスリーブ仕様

ワタクシ所有機。3.0mmはそのまま使用可能。

2.35(2.34)mmは、コレットスリーブ(付属品)を使います。

ぼんた
ぼんた
持ち手の質感もよく、前重心でとても持ちやすいです。

 

ホワイトモデル 3.0φコレット+2.35φスリーブ仕様 か 2.35φ専用仕様

購入選択画面で3.0φコレット+2.35φスリーブ仕様 又は2.35φ専用仕様を選ぶことができます。

ご自身のスタイルと予算に合わせて選びましょう。

ぼんた
ぼんた
カラーは個人の好みがありますが、粉塵が出るミニルーター周辺でブラックは汚れが目立ちにくくて気に入ってます。

 

さらに高トルク(3.9Ncm)のスターライトPセット。

トルクUPと共に価格もモリモリUPしております。

上位機種なのに、デザインがポップですね。

この値段・性能になると、フィギュア原型師とかアクセサリー制作のプロ向きですね。

あると便利なグッズ

ミニルーターは、使用時に切削粉塵が出ます。

集塵機があると掃除の手間が軽減されます。

ネイル用の集塵機を代用される方も。

※ワタクシは、換気扇ファンを流用して自作集塵機を使っております。

集塵力 : 強い

音 : 静か

見た目 : ブサイク

ぼんた
ぼんた
本日はここまでです。また別の記事でお会いしましょう!

ミニルーターの先端ビットの違いをこちらの記事で紹介しております。

ミニルータービットの違いを素人ながらに分析する皆様、こんにちは! DIY解放区管理人のぼんたでございます。 前回、ワタクシのミニルーター歴をお話させていただきまし...