釣りネタ

0円釣りエサ企画第2弾  テナガエビを捕獲しよう 夜のおつまみにも最適!

皆様、こんにちは!
DIY解放区管理人のぼんたでございます。

前回、うなぎ・鯉釣りに使えるドバミミズの採り方についてご紹介しました。

釣りエサを無料で入手しよう 第1弾 ドバミミズ編皆様、こんにちは! DIY解放区管理人のぼんたでございます。 前回、近所のスーパーで手に入る手頃な釣りエサをご紹介しました。 ...

ドバミミズは、身近に採れる0円釣りエサとしては大変優秀な餌です。

うなぎ、鯉、ナマズ、ギギ等はもちろん、ウグイ、ドンコも釣れます。

後々に記事にアップしようと思っておりますが、あの超高級食材スッポンも釣ることも可能です。

ドバミミズの弱点

ぼんた
ぼんた
釣れるエサとして定評のあるドバミミズですが、弱点も結構あります。

▲獲れる季節が限定される。

ドバミミズ採取期間はおおよそ6~10月。

5月は小さすぎるし、11月は土に深く潜り採れません。

まめた
まめた
暑さに弱い。

ドバミミズ、暑さにめっぽう弱いです。

日光の当たるバケツで保管しておくと、一日で腐敗して溶けてしまいます。

これがとてつもなく臭い!保管は日陰の涼しいところに限られます。

▲海で使えない。

ドバミミズは淡水では強いですが、海で使うと皮だけになります。

浸透圧に負けてしまうためです。

▲夜に採取できない。

夜間にヘッドライトで土を照らしながら掘っている姿は不審者そのもの。

職質のリスクが高いのでやめましょう。

早朝にドバミミズ掘りという手段もあるのですが、朝早くから出勤の方には体力的にキツイです。

ぼんた
ぼんた
そんなドバミミズ難民の皆様におすすめしたいのが、テナガエビです。

夜間限定!テナガエビを沢山採ろう。

手長エビ(テナガエビ)。

獲った経験のある方はおられますでしょうか?

釣りで専門に狙う方もおられますが、今回は網で獲る方法をご紹介します。

手長エビ獲りは、いいことだらけ。

獲れる時期は5~10月。

ほぼウナギ釣りの時期と重なります。

  • 幅広く分布しており、近所の川でたくさん獲れる。
  • 子供が大喜び。夏休みレジャーとしていい体験に。
  • ウナギ釣りの餌に使える。
  • おつまみとしても最高にうまい。
  • ヘッドライトとエビ網、エアポンプでスタート可。

いいことづくめですね。

ぼんた
ぼんた
うちの子供も、今度友達も連れてきたい!とはしゃいでおりました。

※岩場ウォークで滑ると危ないので、スニーカーで行きましょう。

持ち物の準備

f:id:gomateishoku:20190217213123j:image

エビ網の購入(必須)

エビ取りには必ず「 エビ網 」を買いましょう。

専用品なので非常に使いやすく、テナガエビの採取に最適です。

釣り具屋やネット通販で売ってます。

エビ網と普通の網の違い

表にしてみました。

エビ網 普通の青や白網
イラスト
網目 大きい 細かい
水中の動き 素早い もっさり
でこぼこの地形 網枠が小さく有利 不利。網枠から逃げる
価格 800円程度 1000円程度
おすすめ度
エビに加え、小魚用にも。
何も獲れません

ホームセンターとかで販売されている青や白のガサ網は網目が細かいので、水中抵抗が大きく、もっさりしか動かせません。

その点、エビ網は網目が大きく、水中でも自由に動かすことが可能。

自分がエビ取り名人になった錯覚を味わえます。

テナガエビだけでなく、ドンコやハゼ、ハエなどの小魚も捕獲できます。

エビ網は軽くて扱いやすく、子供でも魚が簡単に獲れます。

まめた
まめた
夜間は魚も寝てて、網をかぶせても気づいてないことが多いワン。

 

強力ヘッドライト

次に用意するのが強力ヘッドライト。

言うまでもなく、夜間のヘッドライトは非常に重要です。

釣り場にヘッドライトを忘れたら、小声で歌うくらいしかできません。

足元やテナガエビをしっかり照らす必要があるため、光量は150ルーメン以上を目安に買いましょう。

※ルーメンとは光の強さです。150ルーメン以上あれば快適です。

こちらは、ビル建設や建築現場でも幅広く採用されているジェントス社の製品を参考にヘッドライトの照射距離目安を作りました。

数多くのラインナップがあり、照射角度やワイドビームなどで差はありますが、目安としてご参考に。

まめた
まめた
テナガエビ獲りって、距離1mくらいだから、20ルーメンくらいでも大丈夫ワンか?
ぼんた
ぼんた
それじゃ暗くて全然見えないよ。照射距離はあくまで目安。夜間のウォーキングとかなら80ルーメンとかでも良いけどね。釣りで使うなら150ルーメン以上は必須だよ。
まめた
まめた
うなぎ釣りとかにも使えるワンか?
ぼんた
ぼんた
うん。150~300ルーメンあれば竿釣りだけでなく、明るさが必要な【うなぎの穴釣り】にも大活躍するよ。
まめた
まめた
よし、買うわん。他にもチェックポイントあるのかワン?
ぼんた
ぼんた
釣りで使うなら、絶対にモーションセンサー付きヘッドライトを買った方がいいよ。

モーションセンサー付きヘッドライト

通常、ヘッドライトのスイッチは本体上部に付いています。

夜釣りは、ライトのON・OFFが頻繁にあります。

ライトのON・OFFって、とっても多い。

  • 仕掛けを作るときはON。
  • アタリを待つ時はOFF。
  • 魚を寄せるときはON。
  • 電池節約時はOFF。
  • 餌の様子を見るためにON。
まめた
まめた
意外と点灯・消灯を繰り返しているワン。

夜の散歩で手ぶらならスイッチ操作も簡単なのですが、釣りとなると両手が塞がり、スイッチ操作が面倒です。

さらに、ドバミミズの粘液や泥、魚のヌメリなど手が汚れた状態で、ヘッドライトのスイッチ操作をするのは精神的に辛いものがあります。

そんな煩わしさを解消してくれるのが、モーションセンサー付きヘッドライトです。

本体にセンサーが搭載されているので、手をサッとかざすだけでライトのON・OFFができます。

あまりに便利すぎて感動するレベルです。

イラストでは手のひらをかざしておりますが、実際は手の甲や手首、腕でもOKです。

センサー付きの便利さを体験すると、センサー無しのヘッドライトには戻れません。

ヘッドライト欲しいなーって方へ

こちらの製品は、2つともセンサーライト付きです。(どちらも購入3年くらい前)

ヘッドライト欲しいなーって方へ、購入の参考にしていただければ幸いです。

メーカー ジェントス DPX-233H CONPEST(中国?)
写真
明るさ 160ルーメン 1800ルーメン

(実質400ルーメン位)

センサー時:150ルーメン位

照射距離 145m 不明
照射時間(Highモード) 18時間(実質8時間位) 不明(実質3時間位)
フォーカスコントロール ノーマル、ワイド ノーマル、ワイド
ヘッド角度調整
センサー 感度とても良い 感度あまり良くない
電源 単3電池×3本 USB充電式
点灯モード 4モード 4モード
購入価格 3500円位 2500円位
まめた
まめた
中国製のライト、1800ルーメンってめっちゃすごいワンね。
ぼんた
ぼんた
いや、実質は300~400ルーメン位だと思う。
まめた
まめた
やはり中国製・・・。あと見ておくべき点はあるかワン?
ぼんた
ぼんた
実質点灯時間は最後まで明るいという意味ではないので、あくまで目安程度に。とても明るいのはカタログ表記の半分くらいの時間だよ。
まめた
まめた
ふむふむ。あと、センサー付きでも感度の違いがあるワンね?
ぼんた
ぼんた
そう!センサーの感度・性能はとても重要。でも、カタログではセンサーの性能ってわからないからなぁ。ジェントス製は間違いなくおすすめだよ。
まめた
まめた
単3電池×3とUSB充電式だと、どっちがいいワンか?
ぼんた
ぼんた
個人的にはUSB充電式。この時代どこでも充電できるし、とても経済的だよ。うなぎ・テナガエビ釣り数時間なら十分もつし。でも、アオリイカ釣りとか長時間使う場合は単3電池とかの方が良いね。予備電池も持参できるし。
まめた
まめた
ちょっといいモデルだと乾電池とUSB充電式のハイブリッドタイプもあるみたいワン?
ぼんた
ぼんた
それ欲しいんだけど金欠で買えないのよ。記事最後におすすめモデルを紹介します。
  • センサー性能は、とても重要。釣りの楽しさが全然違います。
  • 乾電池式かUSB充電式は用途次第。個人的には充電式がおすすめ。

2Lペットボトルの準備

実際にテナガエビが獲れた時に、保管用の容器が必要です。

見た目はゴミ同然ですが、オススメなのが2Lペットボトル容器の加工。

はさみとビニールひもだけで作れます。

手順 イラスト
2Lペットボトルを用意します。
はさみで2か所切断します。
ひっくり返して差し込みます。
ペットボトルにひもを取付して完成。

川の水を適量入れて、肩掛けして使用。

ペットボトルの中に水を入れておけば、2時間くらいテナガエビを活かすことができます。

移動しながら効率よくテナガエビの採集をしましょう。

帰る間際に水を入れ替えて酸素補充できるので、家まで活かして持ち帰ることが可能です。

いざ、テナガエビ獲りに出撃!

尚、冒頭にも書きましたが、テナガエビ出現は夜間限定です。

理由は単純。昼間は岩陰に隠れて出てこないからです。

昼に探してもどこにもいませんが、夜になるとウジャウジャ出現します。

f:id:gomateishoku:20191004230724j:plain

このような流れのゆるい岩場・テトラポット帯などがおすすめ。

テナガエビって簡単に見つかるの?

テナガエビの発見は、とても簡単。

水中をライトで照らすと、たくさんいます。

川・池どこでもいいので、流れの緩い水面を照らしてみて下さい。

床に落としたコンタクトレンズを探すより、100倍簡単に見つかります。
f:id:gomateishoku:20190218223818j:image

ぼんた
ぼんた
ヘッドライトさえあれば、とても簡単に見つけることができます。

テナガエビはライトで照らすと目が光る

ライトの光に反射してテナガエビの目が宝石のように光ります。

テナガエビがいれば、一瞬で発見できるでしょう。

テナガエビを獲るコツ

テナガエビは素早い動きに反応して逃げる習性があります。

スピードにはスピードで対抗してきます。

ならばこちらの対応方法はひとつ。

太極拳の様にゆっくり忍ばせてエビ網をかぶせれば良いのです。f:id:gomateishoku:20190218214339j:image
エビ網はゆーっくり動かすことがコツで、子供でも簡単に網を被せる事ができます。

エビ網を被せしたが、エビがジッと動かない。

網を被せても、大抵のエビは動じません。

というより先に人間の方がじれったくなり、

網を動かして採ろうとした瞬間、エビが逃げてしまいます。

テナガエビが網の中でジッとしてしまった時の対策

  • もっと待つ
  • 網を震わせて、エビを跳ねさせる
  • 木の棒で網を突っつき、エビを跳ねさせる

のどれかを試してみましょう。

上のどれかを試せば、テナガエビが網の中で飛び跳ねて袋のネズミ状態です。

ぼんた
ぼんた
コツさえ掴めば子供や女性でも簡単に出来ます。
まめた
まめた
とてもいい思い出になるワン!

テナガエビは、淡水・汽水・海水で使えます。

テナガエビは汽水域(海と川の中間)でも生息できる為、ドバミミズ以上に広範囲で使える釣りエサとして定評があります。

海釣りの活き餌としても短時間なら有効利用が可能なので、大変優秀です。

夏のキジハタ(アコウ)釣りでも特効餌として釣果を発揮します。

もちろん、うなぎ用の釣り餌としても使えます。

活テナガエビの保管

出番があるまで、エアポンプ(通称ぶくぶく)で活かしておきましょう。

エアポンプ無しだと、酸欠で亡くなってしまいます。

ぼんた
ぼんた
エアポンプは100Vタイプにしましょう。乾電池のエアポンプは電池切れで全滅させてしまいます。

100V式のエアポンプは必需品。

おつまみとして食べるテナガエビ

テナガエビの魅力は、釣りエサだけにとどまりません。

お酒のアテとして、最高のおつまみとなります。

f:id:gomateishoku:20191004230040j:plain

テナガエビのから揚げ。居酒屋でも定番。

塩を振り、レモン汁をちょこっとかければ・・

ああ、もう最高!!

海老類の風味深い味わいが楽しめます。

これが0円。

獲らない理由が見つかりません。

食べる場合は、必ず泥抜きを。

テナガエビを持ち帰ってから3~4日間程は、水が真っ黒になるくらい汚れます。

川の泥を体に溜め込んでいる為です。

そのため、朝と晩は綺麗な水道水に入れ替えしましょう。

これを泥抜きといいます。

テナガエビは環境の変化に強いので、カルキ抜きをしていない水道水でも全然大丈夫です。

3~4日経って水が汚れなくなってくる頃が食べごろです。

ああ、記事書いてて食べたくなってきました。

テナガエビ獲りのアイテム紹介

本日も最後までお読みいただき、ありがとうございます。

本記事でご紹介したテナガエビ獲りのアイテムを紹介させていただきます。

エビ網
created by Rinker
ナカジマ
¥1,480
(2020/01/18 01:34:55時点 Amazon調べ-詳細)

エビ網はテナガエビ以外に、川の小魚採集に最適です。

ヘッドライト

ジェントス中上位機種センサー付きモデルDPXー318H。充電式・乾電池兼用モデル。

予算があるなら迷わずこれ。テナガエビとりにはハイスペック過ぎますが・・。

ウナギの穴釣りやアオリイカ夜釣りでは大活躍することでしょう。

 

ジェントス中位機種センサー付きモデルDPX-333D。単3×3本モデル。

パワフルな明るさ400ルーメン。Highモードで7時間。

夜釣りに使うならこれ位のランクであれば満足度が高いです。

 

ジェントスのセンサー付きエントリーモデルGT-501D。単3×3本モデル。

手ごろに始めるならこれがおすすめ。

価格も安いので、複数買って家族や仲間と出かけましょう。

エントリーモデルながらも210ルーメン、Highモードで6時間です。

 

エアポンプ

エアポンプは、水作というメーカーの水心という製品がおすすめです。

お手頃価格のエア量固定式モデルと、付加機能のエア量調整モデルがあります。

ワタクシ、両方所有しております。(ウナギ生簀用、水草水槽用)

特徴は、何よりも静かなこと。

小さくブゥウウウウという駆動音は聞こえますが、もの凄く静か。

ホームセンターに売っているGEX製エアポンプのような、ブイイィィイイインという五月蝿さがありません。

水心SSPP-7S(エア量固定式)

created by Rinker
水作
¥1,157
(2020/01/18 01:34:57時点 Amazon調べ-詳細)

正直これで十分です。価格もお手頃ですし。

 

水心SSPP-3S(エア量調整式)

created by Rinker
水作
¥1,680
(2020/01/18 01:34:58時点 Amazon調べ-詳細)

黒いプラスチックの輪っかを廻すとエア量が調整できます。

用途としては、魚の数が少なくエアが少なくてもいい場合などに使います。

只でさえ静かな水心エアポンプなのに、エア量を絞ればほぼ無音。

両方のモデルを使用しての感想

水心はとても静かです。

SSPP-3S・SSPP-7S共に、エアストーンから出るシュワワワという泡が弾ける音の方が大きいくらいです。

水作製の水心、静粛性がすごすぎ。

体感で、GEX製エアポンプの1/5以下くらいの音量かなぁ。

次回記事のご紹介

以上、本日は0円釣りエサのテナガエビ採取のご紹介でした。

本日の記事はいかがでしたでしょうか?

次回は、釣って楽しい・食べて美味しい日本産マダコ(地タコ)を採る道具、タコジグの製作をご紹介します。

記事できました。続きをどうぞ。

費用100円で近海産のマダコをゲット。自作タコジグの作り方を大公開!皆様、こんにちは! DIY解放区管理人のぼんたでございます。 これまで複数記事に渡って、0円~格安の釣りエサ特集をご紹介させてい...