DIY解放区

工作・日常生活の知恵・釣り&料理など、自分で出来ることは自分でやってみたい!という方を応援するブログです。

釣りエサ代もバカにならない?!釣りエサを釣り具屋以外で安く調達する方法


皆様、こんにちは!
DIY解放区管理人のぼんたでございます。

本日より、当ブログの本編スタートとなります。
ワクワクしますよ!

いや、自分だけでしょうか。


宜しくおねがいします。

これからヨロシクワンよ。







さて、本題の本日のネタはこちら、

釣りエサを釣り具屋以外で安く調達する方法


当ブログにお越しの皆様方、釣りをする時の『餌』はどうされていますか?

f:id:gomateishoku:20190210204553j:plain
アミエビ。 アジやイワシを狙うならこれ一拓でしょう。

釣りエサといえば、
アミエビ、青イソメ、イシゴカイ、ユムシ、活アジ、冷凍キビナゴ、オキアミ、活スジエビ etc . . .
 
どれも釣り具屋でお金さえ出せば簡単に手に入りますよね。

でも、エサ代が結構負担になっていることも。


例えば、家族で釣りに行くケースの場合、
アジ釣り用でアミエビ800円。但し、アジが全然回遊せず釣れなかった場合も考えて、青イソメ500円。これだけで1300円くらいします。家族で行く場合は、嫁さんや子供が「青イソメとか気持ち悪いから嫌!」とかの理由で、青イソメの代替でオキアミの追加購入もあるかもしれません。ここに氷、エサ、仕掛けとか買っていくと、1回の釣りで4000円位してしまいます。


仕掛けとかに関しては、余ったら次回に持ち越しで再利用したりできますが、釣りエサとなると使い切りが基本です。釣りで余った青イソメを冷蔵庫に入れっぱなしにして腐敗させて家族から大激怒された旦那さんもいることでしょう。 あ、それワタクシですね。


このご時世、ホイホイと釣りエサにお金も掛けていられない方も多いと思います。


もう少し、あと少し釣りエサが安かったら。そんな願いを釣り具屋に期待しても期待は薄いです。釣り具屋にとって、エサや氷代は安定した稼ぎ頭商品のためです。うーん、それでももうちょっと安くならないかなぁ。



大丈夫、ご安心下さい。解決策あります。



実は、格安の釣りエサが手に入る場所がアナタの家の近くにあります。そう、それは近所のスーパーです。


スーパーで釣りエサを確保することのメリット


・釣り具屋に比べて食材が安くて高品質。
 例えば、スーパーの生キビナゴは、そのままタチウオ釣りや根魚釣りに使えます。生なので、冷凍物よりも身持ちが長持ち!


・釣りで余っても人間の食事にできる。
 これはありがたいですよね。サバの切り身なども余ればソテーして夜のおつまみに出来ます。ブリのアラなどは潮汁にも!


俺っちもほしいわん☆

 

余った食材(釣りエサ)が痛まない様に、クーラーボックスで保管しましょう。

 

どの生鮮コーナーを狙うべき?


当然ながらスーパーでは、釣具屋に置いてあるような専用餌は手に入りません。狙うは、鮮魚コーナーと精肉コーナーの2択です。


鮮魚コーナー


×お刺身 → 高い。

×加熱済の魚→ 身持ちが悪く、投げた瞬間に針からポロリ。

お勧めは、
一匹まるごと購入
下準備の手間は掛かりますが、一匹買いは身肉がたくさんとれるので、コスパが非常に良いです。半身は釣りエサ用、半身は人間用という楽しみ方もできます。

身持ちの順でいうと、サバ > アジ > サンマ > イワシです。

魚の皮は針持ちがとても良いです。身切れを防ぐために針は皮に縫いつけましょう。


魚のアラ
安くてよく釣れます。身持ちの良いタイやブリがお勧め。サーモンのアラは油ギトギトで手がヌルヌルになってしまいます。遠慮しておきましょう。



精肉コーナー

最初に言っておきます。魚に牛肉、豚肉は勿体ないので止めておきましょう。精肉コーナーで使える食材は、 鶏肉(ムネ、ササミ)など安い食材を中心にチョイスしましょう。

レバー全般は食い付きの良いエサですが、身持ちが悪く、気が付いたらすぐ針から外れております。対策としては、半夜干しや塩漬けで固さを調整して身持ちをUPさせる方法があります。

鶏肉は、細く短冊状にカット。指位の大きさでは大き過ぎます。目安はイカ明太子のイカくらい。あっ、わかりにくいですね。 具体的には幅5mm×長さ40mm位が15~30cm程度の魚種狙いに最適です。


釣り人によってはニンニクすりおろしや、カツオブシ汁をジップロックに漬け込む「加工品」で釣ろうとする人もいますが、これは釣り人の好みです。釣り人は、なんとなく釣れそうな雰囲気を好みます。魚が病みつきになる匂いだとか、トリッキーな動きから発生する波動だとか。


だから、加工・無加工どちらもOKです。自分の中で釣れるスタイルを探していくのが、釣りの醍醐味ですもんね。
釣り具屋以外のエサで魚が釣れると、「あっ、釣りってこんなに自由なんだ」と感じることができると思います。


それでは、今回はここまでです。
今回の記事はいかがでしたでしょうか?






次回は
スーパーの食材でさえも勿体ない、釣りのエサは自分で自然界から確保したい!という方の為に自分で釣り餌採取編 を紹介します。
それでは!

©DIY解放区 All Rights Reserved.