釣りネタ

釣行費用を節約したい。釣具屋以外で入手できる釣りエサをご紹介します。

皆様、こんにちは!
DIY解放区管理人のぼんたでございます。

本日は、釣りが趣味の方またはこれから釣りを始めてみようという方に向けて、”釣具店以外の釣りエサ”についてお話しさせていただきます。

けっこう高い、釣具屋の釣り餌。

釣具屋にいくと、さまざまな釣りエサが売っております。

アミエビ・青イソメ・ゴカイ・ユムシ・キビナゴ・オキアミetc . . .

大型店舗となるとエサの種類も多く、活きた釣りエサ(活きアジ・活きエビ)も販売されております。

でも、あれもこれもと買い物カートに入れていった結果、レジで支払いの時に釣りエサ代ってかなり高いなと感じた方は多いと思います。

ぼんた
ぼんた
釣具店のエサは高いので、財布に厳しいです。

(例)ファミリーでサビキ釣り行く場合

例えば、ファミリーに定番のサビキ釣り。

アジやイワシを寄せるアミエビ、1080円。

まず、最近ではアミエビ(容器付)が1000円を超えます。

ひと昔前はブロック600円位で購入できたので、もはやインフレ状態

ぼんた
ぼんた
アミエビだけで済めばいいのですが・・・

家族で行く以上必ず何か釣るというノルマがあるので、アミエビだけでは不安が残ります。

そこで、サビキ仕掛でアジやイワシが釣れない場合に備え、底モノ狙いの青イソメを購入。

アオイソメ、小パック500円。

更に、家族で釣行すると嫁さんやお子さんから「青イソメって気持ち悪い!」
という心無い一言で、オキアミ等の追加購入も必要になります。

ここに氷・仕掛けなどを揃えると、1回の釣行で4000円位すぐにふっとんでいきます。

ぼんた
ぼんた
家計からは一切出さないって言われるし、とほほ。
まめた
まめた
サラリーマンの小遣いじゃ大金だワン。

なんとか安く釣り餌を手に入れたい・・・・

このご時世、限りられた小遣いの中で高いエサ代に悩んでいる釣り人も多いと思います。

実は、そんなあなたのご近所に”釣り餌を安く入手できる穴場”があります。

ぼんた
ぼんた
それは、近所のスーパーの鮮魚コーナーです。



スーパーの鮮魚コーナーに釣りエサ?

スーパーで釣りエサを買うって聞くと、たまに驚く方もおられます。

しかしスーパーの鮮魚コーナーで釣り餌調達をする事って、長く餌釣りをしている人の間ではとてもオーソドックスな事なのです。

スーパーで釣りエサを買うメリットを3つご紹介します。

メリット① 圧倒的に安い。

一番大きいメリットは、やはり価格の安さです。

スーパーは釣具店に比べて圧倒的に流通量が多いので、安く購入することが可能です。

メリット② 新鮮な生の切り身が手に入る。

魚の切り身を使う時、とても重要になるのが身持ちのよさです。

海で人気ターゲットのタチウオを狙う時、釣具店の冷凍きびなごだと身持ちもボロボロですが、スーパーの生きびなごを使えば身持ちがよくプリプリです。

また、生エサは冷凍エサに比べて喰いが断然に良いです。

ぼんた
ぼんた
切り身に食塩をまぶしておくと、余分な水分が抜けてより針持ちがUPします。

流通の多さを活かして、生の切り身が手に入るのがスーパーのメリットです。どんどん活用しましょう。

メリット③ 釣りで余っても、自宅で食べられる。

余った分は人間が食べられるというのが、とても良いことです。

但し、衛生・温度管理は万全にしましょう。

クーラーボックス内で保存容器に小分けにしておくと、使わなかった分は持ち帰りできます。

まめた
まめた
おすすめの食べ方はあるワンか?
ぼんた
ぼんた

魚の切り身 → から揚げ・炒めものに。

魚のアラ → 味噌汁に入れて潮汁風に。

レバー類 → ピリ辛に炒めて中華風に。

火を通せば大体何でもいけるよ。

鮮魚コーナーで狙うべき釣りエサ

海で使える安い切り身は、サバ・アジ・サンマ・イワシの4種が基本です。

1匹100円のサンマ。身肉がたくさん。

特におすすめはサバ・サンマなどの青物系。

青物系は匂いが強いので、特にフィッシュイーターに絶大な効果があり、釣果もオキアミ・アオイソメ以上に釣れる時があります。

価格も安く、サバで1匹300円・サンマで1匹100円と大変リーズナブルなので、是非一度お試しいただきたい釣りエサです。

他に、淡水域でうなぎを狙う場合はアユなどもおすすめです。

魚をさばくのが面倒くさい…っていう方へ

魚一匹買いがお得なのは理解できても、魚をさばいて切り身にするのが面倒な方は多くおられると思います。

そんな方におすすめなのが、鮮魚コーナーの店員さんにさばいてもらう方法。

ぼんた
ぼんた
店員さんに「この魚、三枚おろし(さんまいおろし)にしてもらえますか?」と聞いてみてください。

ほとんどの店員さんが快く引き受けてくれますので、気軽に声掛けしてみましょう。

刺身と違い、「3枚おろし」は基本的に加工料金が無料です。

プロがさばいてくれるので、綺麗な切り身ができることはもちろん、自宅で生ごみの処理もしないで済むので活用しましょう。

あと、鮮魚コーナーでさばいてもらった時、店員さんに「アラは要りますか?」と聞かれることがあります。

一般人には不要な魚のアラですが、釣り場到着時に海底に撒いておくと集魚効果があります。冷凍庫に空きスペースがあるならば貰っておいて、釣行時に使いましょう。

タイやブリのアラも安くておすすめ

1匹買い以外にも注目したいのが、アラのパック商品です。

半額でもノープロブレム。

アラは、お造り加工時に発生する廃材なので形が悪いですが、魚のアラはよく釣れる激安エサとなります。

ぼんた
ぼんた
非常によく釣れる部位なのですが、脂が乗りすぎて身持ちが悪い場合があります。塩漬けにして余分な水分を飛ばし、固さ調整をしましょう。

↓切り身の記事作りました。

魚の切り身はよく釣れる激安エサ!加工・保存を自分でやって、釣りの幅を広げよう。近くに釣具店がなくて、イソメ・オキアミといった釣り餌が手に入りにくい方、「魚の切り身」で代用はいかがでしょうか?本記事では魚の切り身のメリットとデメリット(対策)を紹介しております。...



精肉コーナーで入手できる釣りエサ

さて、ここまで鮮魚コーナーのお話をしてきましたが、そもそも魚自体に慣れていない方には抵抗があるかもしれません。

そんな方に試していただきたいのが、精肉コーナー。

100g50円。ブラジル産鳥むね肉。

 

精肉コーナーは、 鳥肉(ムネ、ササミ)中心に安い食材を選びましょう。

ぼんた
ぼんた
牛肉や豚肉はもったいないので使いません。

レバー全般は食い付きの良いエサですが、身持ちが悪くすぐ針から外れてしまいます。

半夜干しや塩漬けで固くすると身持ちがUPします。

鶏肉は、細く短冊状にカット。

メバルやガシラ、アイナメといった根魚御三家はもちろん、キスやマゴチなど多くの魚種が狙えます。

ぼんた
ぼんた
ただし魚の切り身と比べて匂いが弱いので、集魚効果でどうしても劣ります。
まめた
まめた
お肉は集魚効果が弱いワンね。どういう時が良いワンか?
ぼんた
ぼんた
おすすめは、長時間ほったらかしにするすっぽん釣りかな。一晩置き針しておけばいずれ気づいてもらえるから。

※置き針については、こちらの記事をご覧下さい。

ワクワクして眠れなくなる人続出!置き針釣りでうなぎ・スッポンを狙おう。糸・針・オモリ・エサだけでスタートできる原始的な釣り「置き針」。安い・楽しい・簡単と三拍子揃った置き針釣りの魅力をお伝えします。お子様にも楽しめるアウトドアです。...
まめた
まめた
す、すっぽんワン!?そんなのお肉で釣れるワンか?
近所の川で釣れたスッポン。鳥むね肉でゲット。

 

川釣りでは、鳥肉を放り込んでおくとスッポンがよく釣れます。

また、鳥肉は小型の外道に狙われにくくおすすめです。

試行錯誤として、ニンニクすりおろしやカツオブシ汁をジップロック内で漬け込む工夫をする人もいます。

人によっては、「さなぎ粉に漬けたら爆釣したぞ…」とか「煮干しを砕いて溶いた汁に漬けると良い」とか教えてくれる人もいます。

釣り人の情報を参考に色々試してみましょう。


スーパーに釣りエサを買いに行こう!

釣具店で販売されているエサだけが全てではありません。

スーパーで入手したエサを自分で加工(切り付け・塩漬け)して魚が釣れたら、「釣りってこんなに自由だったのか」と別の視点から釣りに向き合えるようになります。

皆さまが自由で楽しい釣りライフに出会えるように、当ブログでも色々な釣り情報をご案内していこうと思います。

次回は、釣りエサは自然界から自分で確保したい!という方の為にドバミミズ採集編を紹介します。

うなぎ釣りをやりたい人には欠かせないエサです。

※次回記事できました。ドバミミズの入手方法のご案内です。

無料で釣りエサを入手! うなぎ釣りのおすすめ特攻餌「ドバミミズ」の採集・保管方法釣りのエサを自分で採りたいという方におすすめなのが、ドバミミズ。淡水限定ですが、絶大な釣果を発揮します。本記事ではドバミミズ採集のポイントをご紹介しております。...

※こちらは0円釣り餌企画第2弾、近所の川でテナガエビを入手するノウハウの記事です。

近所の川でテナガエビを捕獲しよう!おつまみ・釣りエサと大活躍します。夏の夜のレジャーとして、近所の川でテナガエビや小魚獲りはいかがでしょうか?エビ網とヘッドライトがあれば、小さなお子様でも簡単に獲れるのでおすすめです。...