全般

中型犬用のサークル、とても良いのがあったので買ってみました。アイリスオーヤマ 『折りたたみサークル L』のご紹介

皆様、こんにちは!
DIY解放区のぼんたでございます。

現在、うちには柴犬まめたと甲斐犬ごまの中型犬が2頭おります。

普段は家の中で放し飼いにしているのですが、来客が来るたびにちょっかいを出してくるので困っておりました。

こんな時に、『中型犬用のサークルケージ』があればなぁ〜。でも中型犬2頭が入れるケージなんかなかなかないしな〜。

そう、犬用ケージは星の数ほど販売されているのですが、基本的に全て『小型犬用』。中型犬サイズのものはなかなか置いてありません。

ネット販売されているものも確認しましたが、実際に中型犬(できれば2頭共)がINしている写真が見つからず、買うのを躊躇しておりました。

そんな折、ふと立ち寄った大型ペットショップで中型犬サイズのケージが実物展示されておりました。

ほほう・・これはこれは。

ほぼ衝動買いに近い状態でしたが、実際に買ってみましたので、使用感などをレビューしてみようと思います。

中型犬用ケージ  アイリスオーヤマ 折りたたみサークル

近年やたらと勢いのあるアイリスオーヤマより、その折りたたみサークルは販売されておりました。ペットショップで7700円で購入。

内容物 : キャリングケース、本体、天面メッシュ、底面シート、説明書。このキャリングケース付きが地味に嬉しいです。

実際に使ってみて思ったことをいくつか挙げていきます。まずは良いところからいきましょう。

良いところ①  Lサイズは、とにかく広い。

このサイズ感、伝わりますでしょうか?中型犬が余裕で2匹入ります。

個人的には、このサイズの広さに最大の魅力に感じております。(Lサイズです。)

先述のように、小型犬主体の昨今のペット用品業界において、この大型サイズのサークルが販売されていることはとても貴重です。我が家の中型犬を2匹入れて置くことが可能です。

ちょっと肥えた柴犬まめたと、小柄な甲斐犬ごま。これからサークルにINします。

 

2頭入っても、この通りまだパーソナルスペースがあります。

Mサイズも併設して展示されていたのですが、さすがにこれに中型2頭入れると窮屈です。仲が悪い犬同士だと喧嘩しそうなので、中型犬2頭にはあくまでLサイズがおすすめです。

この辺の測り方で114cm。とっても広いです。

良いところ②  折りたたみができる。しかも軽量。

『折りたたみサークル』という商品名の通り、簡単に折りたたみ収納することができます。

このビッグサイズが・・・
畳むとこんなに小さくなります。

とにかく展開時と折りたたんだ時のサイズギャップがすごいのです。「うそ、こんなに小さくなるの?」というくらい小さくまとまるので、使わない時の収納場所に困りません。

机の脇の狭いスペースにもズボっと収納。

加えて、購入して持ち帰り時から気付いておりましたが、重量が軽いというのも好印象です。片手でひょいっ。「いったん片付けとくか」とかでも、なんしか軽いので持ち運びが億劫ではありません。

良いところ③  洗える。

これをメリットと書いていいのか悩みますが、水でジャブジャブ洗えるのもありがたいです。

折りたたんだ状態だと風呂場の浴槽にも収まる小ささ。シャワーで洗うことができるので、衛生的に使えます。

これが金枠タイプの固定ケージだとこうもいきません。浴槽も金枠で傷つきますし。自宅が一軒家で、庭で洗う環境がないとケージを洗うのが大変・面倒なので、この折りたたみサイズはとてもありがたいです。

良いところ④  壁が高いのがベリーナイス。

サークルを買う前から気になっていたのが、サークルの壁の高さ。

壁が低いと、うちの犬達は跳び越える恐れがありました。こればかりは実際にサークルを買ってみて自分の飼っている犬を入れてようやく分かることなのですが、この点は余裕でクリアー。

高さが71cmあり、そうそう飛び越えられる高さではありません。

そりゃ本気で出ようとすれば中型犬なら出られる高さですが、そうなった時には天面メッシュを張ることもできます。

天面メッシュを使用中は、どうしても閉塞感があります。この天面メッシュを使わないで済む高さの壁の設計に魅力を感じました。

あかんところ  犬が入っている時は移動不可

犬がサークルに入っているときは、基本的に移動ができません。持ち上げようとしても、底面がソフトタイプなので犬の重みでぐにゃんぐにゃん。横にずらしたりはなんとかできます。

柴犬まめた17kg、甲斐犬ごま14kg。この重みじゃ元から持ち上げるのは無理ですね・・・。

移動させる時は、いったん犬達をサークル外に出してから行う必要があります。

気になるところ

購入してから2か月程使用しておりますが、さすがアイリスオーヤマ。MADE IN CHINAながらも、布が破ける・縫製がひどいなどの初期不良は見受けられません。

まめたの爪攻撃にもビクともしません。

ただし、個人的に気になるのが『チャックの耐久性』です。

他の類似製品共々、この手の類いはチャックを多用しております。こればかりは長年使用しているとチャック部から破損するでしょう。

幸い、天面メッシュは不要なので、仮にチャックが壊れても問題ありません。底面もチャック着脱ですが、不要な場面が多いので、実質的に壊れると困るのは出入口のチャックです。

出入口のチャック。この部分が唯一の弱点です。

ここの潤滑性を高めるために『シリコーンスプレー』という潤滑剤を使用しております。良い製品に出会えたので、ちゃんとメンテナンスして長年使っていければ・・と考えております。

※我が家では普通に使っておりますが、犬が潤滑剤をぺろぺろなめる恐れのある場合、使用をお控えください。自然素材の油でも代用するのもアリかも。

その他ちょっとした装備

犬達を入れておくケージ機能以外に、ちょっとしたサイド機能もあります。

トイレシート等を収納しておくサイドポケット。
給水ボトルを挿し込める大きめの穴と留めバンド

我が家は一時的な来客時などに使うだけなので、これらの機能は普段使わないのですが、常設する方にとっては重宝するかもしれません。

この折りたたみサークル、買うべき?

ワタクシが購入したペットショップでは、Lサイズが税込7700円くらいでした。Mサイズは6000円ちょっと。

決して仲が良くない中型犬2匹なので、Mサイズを2つ買うという選択肢もありましたが、予算・スペース・手間などを考えてLサイズ1つの購入が正解でした。

ちゃんと中型犬2匹が余裕で入るサイズ感や、使わない時の超コンパクトな収納性などを考えると、買って本当に良かった!と思えるペット用ケージです。

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA)
¥6,309
(2022/10/06 21:29:53時点 Amazon調べ-詳細)

↑サイズはS/M/Lを選択できます。

個人的な感想ですが、Mサイズで中型犬1匹、Lサイズで中型犬2匹が余裕で入ります。

おまけ

我が家の中型犬2頭のうち、柴犬まめたは、この折りたたみサークルが大好きになりました。

組み立て中のおじゃまも日常茶飯事。気に入ってくれてます。

それでは、また別の記事でもお会いしましょう!