釣りネタ

ヤエン釣り。活きアジを確保せよ!後編

皆様、こんにちは!

DIY解放区のぼんたでございます。

前編にて、ヤエン概要と活きアジの確保(釣り具店)を紹介しました。

ヤエン釣り。活きアジを確保せよ!前編皆様、こんにちは! DIY解放区管理人のぼんたでございます。 和歌山県では古くからアオリイカ釣りが盛んです。 そん...

 

活きアジを十分に確保する方法は、予算を考えると「サビキ釣りによる現地調達」が最も現実的です。

アミエビ800円買えば、それを撒き餌に数百匹のアジを釣ることが出来ます。

家族に大人気。最もポピュラーなサビキ釣り。

サビキ釣りは、アジ・イワシ・サバなど多様な魚種が狙えるとあって、釣り初心者やファミリーのレジャーとして大人気ですよね。

この記事をお読みの皆様も、ほぼ全員ご経験されていると思います。

サビキ釣りなんて簡単じゃんと思っているアナタ

さて、アナタのサビキ釣り経験を振り返ってみて下さい。

・毎回順調にアジは釣れましたか?
・時間帯はいつ頃でしたか?
・場所はどんなところでしたか?
・フグやベラばかりではありませんでしたか?

何故この様なことを聞くかというと、ヤエン釣りにおいてサビキ釣り失敗は死活問題。

条件次第では非常に苦戦してしまい、ヤエン釣りまで辿り着けない場合があるのです。

楽勝と思ったサビキ釣り、アジが釣れない!?

本記事では、皆様にサビキ釣りで確実に活きアジを確保していただく為に、ワタクシの成功・失敗経験を余す事なくお伝えしていこうと思います。

真っ暗闇では、アジは釣れません。

はい、これいきなり超重要です。

真夜中に堤防や磯に出撃して、大量にアミエビを撒いてもアジはほぼ100%釣れません。

ヘッドライトを照らしても、全然アジが居ないのです。

f:id:gomateishoku:20190831210928j:image

アジは暗いと目が見えない?

いえ、違います。暗くてもアジは視界が見えております。

理由は、簡単。

アジはアミエビばかり食べているイメージがありますが、主食はプランクトンです。

アジはプランクトンを追って回遊しているのですが、真っ暗だとプランクトンが寄りついていないので、アジも居ないのです。

夜間にアジを釣るには

夜間にアジを釣る対策は、2つあります。

・常夜灯のある漁港で狙う。
・投光機を用意し、海面照射する。

常夜灯周り
一番手っとり早いのは、常夜灯周りを狙うのが確実です。

夜間でも常に照らされているのでプランクトンが活発に活動しており、それを捕食するアジやイワシが群れています。

むっちゃ簡単に釣れるでしょう。

注意点は、昼間に下見をしても、夜間どのライトが点灯しているか分からないこと。

海の近くに街灯があるからといっても、節電の為に夜間点灯していないケースもよくあります。

f:id:gomateishoku:20190831204600j:image
常夜灯の点灯状況は必ずチェック。

ぶっつけ本番で夜間点灯の常夜灯を見つけるか、前もって夜間ドライブして点灯している常夜灯をチェックしておく必要があります。

ぼんた
ぼんた
どこの常夜灯が点灯している・していないとかの情報は、マニアック過ぎてインターネットではわからないので、自分の足で情報を集めましょう。

 

自分で投光器を準備する

常夜灯が点灯していない場合、投光器を持参するという手段があります。

装備が増えてしまいますが、投光機を用意することによって常夜灯の有無に制約されず、自由な場所でアジ釣りをできます。

「常夜灯の場所は把握しているけど、アオリイカのポイントから10km以上離れているしなぁ。」とかのケースに最適です。

アオリイカの釣り場で投光機を照らせば、10~20分位でプランクトン・アジが寄ってきて、ついでにアオリイカもそれを目当てに寄ってきます。そこで釣り場の出来上がり。

昔 : エンジン投光器 → 現在 : LED投光器が主流です。

一昔前は、エンジン発電機+投光機で50kg以上の組合せで堤防にくる猛者もいました。

現在はLED投光器も出てきたので、カーバッテリーを流用してかなりコンパクトな投光機セットの構築が可能です。(それでも10kg位。)

f:id:gomateishoku:20190831213215j:image
この投光器の作り方は、別記事で作成してUPする予定です。

※自作LED投光器の記事作成出来ました!

LED投光器(集魚灯)をDIY自作すると、アジ・メバル・タチウオの夜釣りが楽しくなる話皆様こんにちは! DIY解放区管理人のぼんたでございます。 先日、ヤエン釣りの活きアジ確保編でLED投光器(集魚灯)の有用性をご...
ぼんた
ぼんた
常夜灯の把握やLED投光器があれば、夜間の照明問題はクリアですね。

サビキのサイズに注意!

照明の課題とは別に、他の注意点があります。

通常サイズのサビキ(4〜6号)で、豆アジは釣れない!

これは何のこっちゃ?の方も居られるかと。

通常、アジは6月~10月の期間で徐々に大きくなっていきます。

明確な区切りはありませんが、アジ は大きさで呼び方が変わります。

豆アジ

5~8cm前後のアジ。

小さいので、遠投してもあまり飛距離が出ません。

イカにもすぐ完食されてしまうので、ヤエン投入のタイミングが難しいです。

小アジ

10~15cm前後のアジ

このサイズは適度な重さで飛距離も出ます。

肉量が多く、イカが長時間食事で夢中になるのでヤエン向き。

アジのサイズに合わせた仕掛けを選びましょう。

通常、アオリイカシーズンの9月以降なら、アジも小アジ級まで成長しております。

でも、釣り場一帯に豆アジクラスしか居ないというケースがたまにあります。

こんな時は豆アジを確保するしかないのですが、撒き餌のアミエビで狂喜乱舞しているにも関わらず、4〜6号針だと全然釣れません。

釣具屋で安売り3パック300円とかのサビキは、小アジ向きサイズ(4〜6号針)です。豆アジは釣れません。

対策は簡単。

豆アジ用1~2号針と書かれているサイズを2セット程購入しておきましょう。

f:id:gomateishoku:20190831220607j:image

1〜2号針は、豆アジの口に合ったサイズなので、面白いように針掛かりしてくれます。

豆アジ用サビキは1セット300円くらいする超高額商品なのですが、予備も買っておきましょう。

豆アジ用サビキ1〜2号針の予備が必要な理由

予備がいる理由は、サビキに掛かって身動きが制限された豆アジを外道が横取りしてくるためです。

豆アジ用サビキは、ハリスが0.4号級でとても細いので、仕掛ごと千切られてしまうことがよくあります。

その外道とは、高級魚アコウ(キジハタ)・ヒラメたちです。

真夜中で仕掛けを失うと家に帰るしかないので、予備の準備をしましょう。

ぼんた
ぼんた
このアジサイズの課題は、サビキサイズを揃えることで解決できるので、もう大丈夫ですね。

朝マズメ・夕マズメを逃すと、釣れるのは外道ばかり。

記事前半で、「真っ暗ではアジが釣れません」と書きましたが、今度はその逆。

明るくなりすぎると外道ばかりしか釣れないという現象です。

秋は外道も多く、全然アジが釣れない現象が頻繁に起きます。

邪魔をしてくる外道たち

・スズメダイ
・メジナ(コッパグレ)
・ネンブツダイ
・フグ
・ベラ
・カワハギ etc…

アジが最もよく釣れる時間は、朝マズメ・夕マズメ。

マズメとは、昼と夜の中間の薄暗い時間帯のことです。

30分位のゴールデンタイム。

ここで一気に30匹程アジを釣ってしまうのが楽なのですが、この時間帯はアオリイカが頻繁にアタックしてくる時間でもあります。

アジを釣るか・アオリイカのアタリに対応するか。

慣れてきたら二つ同時にも可能になりますが、慣れるまではしんどいです。

オロオロして、活きアジが十分に確保できないうちに朝マズメ時間が終了。

アジもサビキにアタックして来るのですが、スズメダイ等が無理やり割り込んできます。

f:id:gomateishoku:20190831222833j:image
スズメダイは、アオリイカもあまり好きでないので活きエサに使えません。

釣りたいのはお前ちゃうねん~!

スズメダイなどの外道対策

外道対策は、一応あります。

外道の居ない沖へ、サビキを遠投しましょう。

基本的にスズメダイを中心とした外道たちは、陸近くに居ます。

足元でサビキを放り込むと、それきた!とばかり100匹から飛びついてきて非常に厄介。

f:id:gomateishoku:20191002212904j:image
厄介者のスズメダイ。

回避する意味で、浮きを装着した遠投サビキ仕掛けにしましょう。

アジは沖でも回遊しているので釣れます。

f:id:gomateishoku:20191003210553j:plain

外道対策として、ウキ仕掛けの遠投が効果的です。

遠投といっても15mも投げれば十分。但し、ウキ仕掛けが必要となります。

全体の仕掛け図を載せますね。
f:id:gomateishoku:20190831225830j:image
竿とリールと道糸は何でもいいです。
参考に磯竿2号、リール3000番、糸はナイロン3号。手持ちの安物で十分。

ウキ仕掛け(ウキ止め糸・シモリ)が初めての方もおられるかと思いますので、セットの仕方を書きます。

f:id:gomateishoku:20190831232700j:image f:id:gomateishoku:20190831235512j:image

おまけ。
f:id:gomateishoku:20190901001152j:plain

サビキの基本セットのリンク貼っておきます。

ウキ止め糸(昔ながらの糸タイプ)

ワタクシも使っているウキ止め糸です。

近年はゴム系のウキ止めが主流ですが、昔ながらの糸タイプが好きで変えておりません。

 

ヨーヅリ シモリ玉仕掛け
created by Rinker
DUEL(デュエル)
¥198
(2020/03/29 03:05:43時点 Amazon調べ-詳細)

これも昔ながらのスタンダードなシモリ玉で、どこにでも売っております。

 

釣研 遠投ウキ12号
created by Rinker
釣研
¥520
(2020/03/29 03:07:09時点 Amazon調べ-詳細)

サビキウキは10号以上にしましょう。

多少の波でも高浮力で視認しやすいです。

 

プロマリン パックンカゴ
created by Rinker
PRO MARINE(プロマリン)
¥132
(2020/03/28 21:14:09時点 Amazon調べ-詳細)

このクリップタイプのサビキカゴは手を汚さずにアミエビを掴めるお利口さん。

オモリが内蔵されており、すぐ使えます。

本来、サビキ遠投には上カゴタイプを使うべきですが、ワタクシはこのパックンカゴのギミックが好きで、遠投用にも使っています。

サイズはSで十分な大きさです。

 

サビキ仕掛け 1号針
created by Rinker
ささめ針(SASAME)
¥309
(2020/03/29 03:05:44時点 Amazon調べ-詳細)

本記事で紹介。豆アジ対策に持っておきましょう。

 

サビキ仕掛け 4号針
created by Rinker
ライズウェイ(RISEWAY)
¥304
(2020/03/29 03:05:44時点 Amazon調べ-詳細)

このサイズは3パック300円とかで特価販売されていたりします。

 

 

以上、ヤエン釣り前のサビキ釣りについてのご紹介でした。

 

次回は、いよいよヤエン釣り本編の予定です。

今しばらくお待ち下さい。それでは!

 

※記事作成出来ました!

ヤエン釣りで、海の人気ターゲットアオリイカを釣る。アジの泳がせからヤエン投入・取り込みまでをストーリーにしました。皆様こんにちは! DIY 解放区のぼんたでございます。 本記事より、いよいよヤエン釣り本編です。 ここに至るまでにアオリイ...