釣りネタ

アオリイカ専用釣具、ヤエンとエギの違い・特徴を比較する。

皆様、こんにちは!

DIY解放区のぼんたでございます。

前回は、アオリイカを釣ってみませんかという導入記事を書かせていただきました。

人生で、一度はアオリイカ釣りを経験しよう! 釣って楽しい、食べて美味しいアオリイカ。 スーパーや魚屋にも売っておりますよね。 アオリイカは、イカ中でも最高級に位...

そして、記事冒頭でアオリイカを狙う仕掛けは2つあると紹介しました。

ヤエンとエギ(餌木)ですね。

両者共に特性が全然違うのですが、アオリイカを狙うという目的は一緒です。

正直申し上げますと、どちらか片方だけでなく両方覚えて使える様になっておいた方が絶対良いです。

なんでヤエンとエギ、両方覚えた方が良いの?

秋アオリイカの釣りシーズンは9月から10月、長くても11月中盤には終了します。

それ以降は寒くなるので海の深いところに潜ってハイサヨナラしてしまいます。

2ヶ月という短い期間に、アオリイカは心身共に急激な成長を遂げます。

そこで、前半戦の9月と、後半戦の10月で攻め方を変える必要があります。

エギが有利な9月

9月入りたての頃は親指くらいの大きさしかありません。

そんな豆粒サイズのイカが懸命に餌を捕食し、2週目・3週目とグングンと成長し、9月中旬には胴体が缶コーヒーくらいになります。

この頃の仔イカは偏差値30くらいなので、簡単に釣れます。

エギというイカ専用ルアーを使えば、初心者の人が見よう見まねで竿を振っても釣れます。

エギは根掛かりしない限りは何回でも使えるので、竿一本で気軽にできます。

ヤエンという活きアジを使う釣法に比べて手返しも良く、腕さえあればヤエンよりも数多く釣る事ができます。

よって、9月はエギを中心に攻めましょう。

9月のイカは、スレてないので手返しの良いエギがおすすめ。

ヤエンが有利な10月

10月のアオリイカは、500mlペットボトルくらいまで成長しております。

一杯でも食べ応え十分ですが、成長に伴って生き抜く知恵も付いております。

偏差値70くらいにはなっているので、エギを偽物と見破られがち。

朝昼晩と毎日エギンガーの投げるエギを見ているので、当然の流れですね。

f:id:gomateishoku:20190829212418j:plain

10月になると、エギの反応が極端に鈍ります。

凄腕上級エギンガーならまだしも、大多数のエギンガーが坊主くらうこともあるのが、10月です。

そんな10月にも安定してアオリイカのアタリがあり、釣果が約束されているのがヤエン釣り。

f:id:gomateishoku:20190829222817j:plain

アジに夢中になってるところに、ヤエンがグサリ!

活きたアジやイワシを使うので、数ヶ月程度で知恵をつけたアオリイカならホイホイ釣る事が可能です。

9月下旬〜11月中旬まで長い期間楽しめます。

周りのエギンガーが15人居て全員丸坊主でも、ヤエンならばアオリイカ数杯ゲット!なんかもしょっちゅうあります。

もちろん、ヤエンもメリット・デメリット色々あります。

次回以降、エギとヤエンでそれぞれ個別記事を作成・深掘りしてご説明していきたいと思います。

10月のアオリイカはエギでなかなか釣れないが、ヤエンなら爆釣可能。

本日は、ここまでです。次回記事完成までお待ちください。

※次回記事、できました!

ヤエン釣り。活きアジを確保せよ!前編皆様、こんにちは! DIY解放区管理人のぼんたでございます。 和歌山県では古くからアオリイカ釣りが盛んです。 そん...