DIY解放区

工作・日常生活の知恵・釣り&料理など、自分で出来ることは自分でやってみたい!という方を応援するブログです。

切断系の工具を把握しよう

皆様、こんにちは!
DIY解放区管理人のぼんたでございます。


DIYをする上で、必須になってくるのが切断 です。材質に応じた正しい切断工具を知ることで、任意の材料を任意の寸法で作れるようになります。

それが本日のテーマです。

切断系工具を把握してDIYの幅を広げる。


手動タイプの切断工具


そのまんま、人力で切断をする工具です。代表はノコギリ(漢字で鋸と書きます)で、ノコギリ1つとっても千差万別の種類があります。

手動工具を使うメリットは、何よりも電動切断工具に比べて安全である事が大きいです。ノコギリやカッターを滑らせても小傷で済みます。また、手動ならではの繊細な作業が出来るというのも強みです。
デメリットはやはり人力なので疲れる事と、同じく人力なので加工に時間が掛かるという点です。これは、切断工具に限らず、穴空け・研磨工具などにも共通しております。

木工用ノコギリ


DIYに欠かせない2×4(ツーバイフォー)材や構造用合板、ちょっとした木片の切断にも大活躍する一本です。ノコギリなんてどれも同じじゃないのとか、なんか大きくて使いにくそう…と感じている方、一度はこのゼットソーの使い心地を経験してみることをお勧めします。力を入れずにスイスイ切れますよ。選んで間違いなし。
また、その性質上ノコギリは直線カットに特化しているため、小型コンパクトのノコギリよりも刃渡りの長いレギュラーサイズのほうが圧倒的に使いやすいのです。時代はコンパクト志向ですが、料理は殆どペティナイフの方も、ノコギリだけはレギュラーサイズの選択をお勧めします。


金属切断用ノコギリ


金属の切断なんてやった事ない、という方は多いと思います。釘やビスなどはペンチとかで切断したりできますが、鉄パイプやアルミ板などの切断加工はそうはいきません。そんな時は、金属用ノコギリの出番です。一本買えば実は非常に長持ちします。木工用との明確な違いはノコギリ刃の細かさ。木工用は刃が大きいのに対し、金属用は刃がとても小さいです。理由は金属は木材よりも硬いので、小さい刃の前後動作で少しずつ削り切る必要がある為です。この金属用ノコギリで金属、プラスチック、木材のどれも切断できますが、その逆の木工用ノコギリでは金属の切断をしてはいけません。刃が喰いつき過ぎて一瞬でボロボロになり使えなってしまうので要注意です。また、木材を切れるといっても細かい刃ですぐ目詰まりするので、切断に3倍以上時間掛かり疲れてしまいます。木工用は木工用、金属・プラスチック用はこの一本で分けましょう。あっ、当然ですがダイソーとかで売っている金属用の小さなノコギリとは雲泥の差があります。金属ノコギリ、一本あれば重宝しますよ。


プラスチック切断用ノコギリ


プラスチックの切断に特化したノコギリ。プラスチック専用に作られているので、金属用に比べて切断時間短縮、バリの少なさなどメリットがあります。また、プラスチックは金属より軟らかいとはいえ木材よりは硬いので、切断時に木工用ノコギリは使えません。前述の様に喰い込みが発生します。
あくまでワタクシ個人としての見解ですが、このプラスチック用ノコギリはあまり出番がありません。というのも、金属用ノコギリで代用が出来てしまうからです。確かに金属用ノコギリで切断時にバリは出ますが、プラ用ノコギリも結局バリ処理をするので、同じかなぁと感じます。予算の具合次第ですが、まずは木工用と金属用を揃えて、金属用で満足できなければプラスチック用を買い足しましょう。


石膏ボード切断用ノコギリ

ワタクシの素人臭さ前回のイラストに全て記載されていますが、ホームセンターにいくと、このような石膏ボード用ノコギリという細身のノコギリが陳列されております。刀身は細いですが、ぶ厚くて頑丈です。用途は、この細身の刀身を活かした石膏ボード(木材も可能)の小範囲内での切断・くり抜き。建物のコンセントやスイッチ類を取り付ける時に使用します。ちょっとDIYの範囲ではあまり需要がないのですが、逆に無いと面倒です。石膏ボードはカッターナイフでも切断可能ですが、慣れていない方の場合、力を入れすぎて余計な壁紙まで切ってしまうケースがあります。状況によって導入を検討しましょう。


ここまで手動工具のご紹介をしてきました。これで、アナタも次回ホームセンターに行った際に「あぁ、なるほど!」となっていただければ幸いです。






それでは、ここからはモーターを使った電動切断工具のご紹介をしていきます。

電動タイプの切断工具


100Vコンセントや充電バッテリーを用います。手動作業の数十倍のスピードで切断が出来る分、失敗して大怪我をする場合もありますので注意が必要です。とはいえ、最近の電動工具はスピードやパワーだけでなく安全機能搭載モデルも多くなりました。注意事項をよく読み、横着せずに作業を行う事で安全に使う事ができますし、電動工具DIYに欠かせない道具になります。

主な切断工具として電動レシプロソー、ディスクグラインダー、電動丸ノコ、卓上丸ノコなどがあります。電源も100Vコード式や、充電バッテリー式で稼働するものと様々です。



100V式とバッテリー式、どちらが良いか悩んでいる方へ


さて、ここで個々の電動工具の紹介をする前に、少し脱線します。
100V式かバッテリー式のどちら選べばいいのか、これはとても重要な選択肢です。というのも、数千~数万円する電動工具。最初の選択肢をしっかり見極めることで、予算の無駄を防ぐことができます。


一昔前、電動工具といえば100Vコード式しかありませんでした。本職の大工さんも、自宅でDIYするお父さんも、みんなが100Vコード式。コンセント電源さえあれば、遠くても延長コードなどを使っておりました。


そんな中、充電バッテリーの進歩が進み、さまざまな電動工具に取り入れられてきました。充電バッテリー式の最大の魅力は、どこでも使える取り回しの良さです。毎日工事をする職人さんにとって、これは非常に重要です。住宅や店舗などコンセントから電源を取れる現場ばかりとは限りません。また、コードの誤切断等の問題も解消し、電動工具は充電バッテリー式のラインナップが一気に加速しました。


昔は10.8Vとか12Vのバッテリーが当たり前でしたが、現在はハイパワー化が進み14.4V、更に18Vが主流となってきております。「充電バッテリー式はパワーが弱いから・・・」という声も大昔の意見のように思えます。また、ついうっかりバッテリー切れをさせた時も、急速式充電器の標準化により、30分以内で再使用も可能となりました。

俺っちのとこは、100Vが4割、バッテリー式が6割くらいの所有ワンね。

うん、ちょうどそれくらい。丸のこ/ディスクグラインダーは100Vで、インパクト類/レシプロソー/電動掃除機類はバッテリーだね。バッテリーは電源コードがないから、取り回しがすごい楽なんだよなぁ。


充電バッテリーは大変便利だけど、弱点・制約事項あり

バッテリーがめっちゃ高い(工具本体よりも高い事はザラ。)

・縛り① メーカー間でバッテリー形状が違うので、メーカーを統一する必要がある。→ワタクシはマキタに統一。

・縛り② さらにバッテリーの電圧と本体の電圧を統一させる必要がある。→ワタクシはマキタ製バッテリー14.4V+マキタ製14.4Vインパクトドライバ、マキタ製14.4Vレシプロソー等に統一。


上記の例を家庭用ゲーム機業界で例えると、
任天堂ファミコンソフト→ソニープレステ本体に差込めない。
ソニープレステソフト→任天堂ファミコン本体に差込めない。
的なノリです。

また、任天堂のようにしょっちゅう本体の更新(ファミコンスーファミ→64→DS→スイッチ)などされるとユーザーがうんざりする感覚です。






すみません、話が脱線しました。

当たり前といえば、ごくごく当たり前なのですが、同じマキタ同士でも10.8V、14.4V、18Vの互換性は全くありません。よって、最初にマキタ製14.4Vのインパクトドライバ本体を買えば、これからずーとマキタ製14.4Vのバッテリー、マキタ製14.4V丸のこ、マキタ製14.4Vで統一する必要があります。仮に18Vのインパクトドライバ本体を無料で入手しても、バッテリーは18V用を新たに揃える必要があります。(充電器は7.2V~18V共通等で使える場合あり)

例えば、普段マキタ製14.4Vシリーズで統一している方は、ボッシュや日立(社名変わり、HiKOKI)に浮気できません。2メーカー揃える場合はガチで全ての付帯部品含めて2セットが要りますのでご注意下さい。

マキタ製14.4Vでほぼ統一しているワタクシなりの所感ですが、もし今後充電バッテリー式タイプに足を踏み入れる方は、マキタ製18Vシリーズでの統一に一票を投じたいです。 2019年現在、まだまだ14.4Vシリーズも人気ですが、やはり18Vシリーズにラインナップの主軸が移ってきている感があります。DIYレベルならば、14.4Vでもパワー面で不足を感じる事は全くないのですが、時代の流れが18Vに舵を切り始めている以上、それに乗るのが流れかなと感じます。あと、実売価格ですが、14.4と18Vシリーズに大きな差は無いのが実状な為です。また、ホームセンターのオリジナルブランドで展開している充電バッテリー式電動工具シリーズは、一見安そうに見えますが、耐久性の面と上記の統一化の面で見ると不安定(いつ取り扱い辞めるか分からない)なので見送った方が良いと思います。


補足:一応ワタクシ、14.4Vをメインに揃えておりますが、18V、10.8V共にマキタの現行品も使用しております。最初、18Vはインパクトドライバでパワフル過ぎてしょっちょうネジ穴を舐めてしまっておりましたが、現在は力加減も上手くなり、普通に使える様になりました。まぁ、、、、要は慣れですね。

ここまでのまとめ

100vコード式・・・安い。本体価格のみ。コンセント場所の制約あり。延長コードである程度何とかなるが、片づけが面倒。コードが邪魔。どのメーカー、どの規格で買うかは一切自由。

充電バッテリー式・・・本体自体は安い。最初は充電バッテリー2個付のセット品(充電器も一緒に付いてくる)を買う必要あり。初期投資が掛かるが、以降は本体のみ買い足すだけで済むので、最初だけ勇気が要る。場所の制約なし。何よりもコードがないので、非常に便利。


これら切断工具は、手動・電動共に全ての材質を1つの工具でオールマイティに切断できるわけではありません。以下のイラストを参考に、貴方の加工したい材料と工具を検討してください。


ようやく、実際の電動工具の説明に入るよ。

長かったワン!疲れたワンよ!

そう言わずに!ここからイラスト多めに入れるから。

わかったワン!

電動レシプロソー


こちらはアマゾンブランドのコード式。コード式ならどのメーカーでも選択自由です。



マキタ18v本体、充電バッテリ2個付、充電器のフルセット品です。


こちら、18V本体のみです。おまけ程度の替刃はあり。既に充電バッテリーや充電器をお持ちの方用です。

これを見てもマキタフルセット品で34000円程度、本体のみだと14000円程度なので、その差額20000円が3Ahバッテリー2個+充電器にあたる、という感じですね。価格は常に変動するのであくまでざっくりでお考え下さい。

ディスクグラインダー


高速回転する電動工具、ディスクグラインダー。取り扱いは十分注意しましょう。


こちらは回転速度をコントロールできる変速タイプのコード式ディスクグラインダーです。
正直ディスクグラインダーは木工DIYの中での使用頻度が低く、充電式にするメリットは少ないです。逆に鉄工DIYならばディスクグラインダーは必需品です。元々音が大きい商品なので、この様な変速式は騒音対策でありがたいです。この高儀というメーカーは大陸製ですが、高機能の製品を、格安で販売しておりコストパフォーマンスが非常に高いです。使い勝手も良く多くのホームセンターで取り扱いがあります。他のよくわからない大陸製を選ぶなら、ここ一択。



マキタ18V本体のみ。コードレスが最大のメリットです。パワーも十分。ボディーも細身なので、しっかりと握りやすくて安心です。但し、バッテリー式のディスクグラインダーは電気を大食いするので、15分位しか使えません。予備バッテリーを用意しておく様にしましょう。



切断用替刃。替刃は100〜105mmです。間違えて125mmの替刃買っちゃダメです。本体にハマりません。切断用の刃はホームセンターで1番安いの100円以内で売っているので、それで十分です。ネットは送料の方が高く付いてしまうので、ホームセンターで切断用(鉄工用とかステンレス用)という名前の商品を選びましょう。切断時バチバチ火花が散るので、ゴーグルは必ず着用しましょう。



こちらはコンクリートやブロック、レンガ用です。5枚も入って超お得。見た目でも刃の形状が違うのが分かると思います。このコンクリート用とかになるとホームセンターで一枚1000円近くします。その反面、その位の価格になるとネットでは送料無料とかになっていたりするので、ネットで買った方がお得になります。コンクリートは切断時に粉塵が大量に舞うので、近隣へ配慮しましょう。養生シートなども必要。充電式タイプなら、川原とかに持って行くのも手です。あとマスク、ゴーグルは目と肺の保護の為必須です。更に、使用時に軍手は巻きこみ事故防止のため、厳禁です。




電動丸ノコ


マキタ製コード式丸鋸のフラッグシップモデルHS6303。刃直径は最もオーソドックスな165mm。ソフトスタート・電子制御など安全機能が組み込まれており、切断スピード、パワー、切れ味も最上級。ジョジョの奇妙な冒険でいうスタープラチナ的存在です。その代わりお値段も最上級。木工に本格的に取り組んで行こうという方、本職大工さんにも使われている製品です。一度使わせて頂く機会がありましたが、安物と全てが違いました。もう何でもかんでもスッパスパです。音も静か。やっぱり道具は大事だなぁ....。



こちらもコード式丸鋸。国産メーカーのリョービ(RYOBI)製大人気DIYモデル、MW-46Aです。値段も1/3以下ながら基本的な性能をしっかり備えており、DIY愛好家から根強い人気があります。上のマキタと比べてもしょうがないのですが、根本の違いとして、上のマキタのモデルは刃直径が165mm。対してこちらのリョービのモデルは刃の直径が147mmです。当然切り込み深さは下がり、切断出来る木材46mm厚以内となります。とはいえ、46mmならば2×4材、12mm合板はもちろん、45mm角の垂木だって範囲内です。木工に取り組みたいけど、予算とも相談しつつという方は、こちらのリョービMW-46Aから丸鋸界に入りましょう。低価格丸のこの中では超人気モデルです。替刃を付け替える事で、簡単に切れ味アップが図れます。



SK11 木工用チップソー くろ 147mm 147X52P
上のリョービ製丸鋸MW-46Aとよく組み合わせて使われており、スムーズな切断と切断後のバリ発生の少なさに定評がある替刃です。替刃というと「付属の純正刃が痛んでから替えたらいいや」と考える方もおられますが、電動工具では考え方が逆です。よほど一流メーカーの一流替刃を謳っている商品でない限り付属の純正刃は安物が多く、社外品の方が高性能ということは多々あります。本体購入時に社外品替刃も一緒に購入し、即交換した方が、絶対オススメです。付属の刃は、万が一の予備用で保管しておきましょう。 追記ですが、マキタレシプロソーの純正刃は、全然ダメです。社外品替刃に替えることで本体の性能が引き出せます。

卓上鋸(イラストはプロクソン製ミニサーキュラーソー)

4年前に買って、未だに現役で働いてくれております。最初にデメリットを申し上げますと、とにかく弱い!につきます。2×4等はおろか、12mm合板も切れません。パワー的にもすぐ止まるし、何より板厚的にも刃が届きません。台も小さいし全てダメ。あくまで小物製作用と割り切りましょう。その代わり、アクリル板の加工では大変効果を発揮します。5mm厚だとしんどいですが、なんとかいけます。アクリル3mm厚なら無理しなければゆっくり精密に切断可能です。パワーも弱い反面、キックバックも全然威力ないので安心して使用できます。
かなり尖った使い方にはなりますが、DIYでのアクリル板加工には欠かせない存在です。


手動工具のアクリルカッターは精度が全然出ないので、アクリル加工したい人は、プロクソンミニサーキュラーソーをご検討下さい。


おまけ

ワタクシのミニサーキュラーソー購入当初は上記のような製品は一切なかったのですが、競合品ができているようですね。パワーもあるみたい。但し、このコンセントプラグやら何やら注意点もあるようなので、気になる方は購入前に調べた方が良いと思います。







切断工具のイメージが沸きましたか?
この辺りの工具類はまた時間を見つけて各々のページを深く掘り下げていきたいと思っております。完成まで気長にお待ちください。


DIYの中でも、主に小物製作に取り組んでみたいという方向けに、ミニルーターという電動工具の紹介ページを作りました。宜しければご覧ください。

ミニルーター本体
www.gomateishoku.com


ミニルーター先端ビット
www.gomateishoku.com


本日は、ここまでです。
またまた長いページとなってしまい、お付き合い頂きありがとうございました。
当ブログDIY解放区では皆様のご意見・ご感想をお待ちしております。お気軽にご意見お寄せ下さい。

それでは!

©DIY解放区 All Rights Reserved.