DIYネタ

自作、DIY を始めてみようと思っている方へ

皆様、こんにちは!
DIY解放区管理人のぼんたでございます。

ブログスタートから釣り編ばかりで偏っているので、
そろそろDIY編を盛り込んでいこうと思います。

ご周知の通り、世間一般でDIYが流行っています。

Do it yourself = 自分でやってみる の言葉通り
DIYとは身の回りの事を自分で解決するすばらしいことです。

DIYのきっかけは多種多様ですし、どこまで完成度を求めるかも自由です。

TVでもDIYの特集番組が増えてきました。
知名度のあるタレントを起用して木工DIYの見せ場を紹介しており、楽しいですね。

でも、DIYは机や棚等の木工だけに限った事ではありません。
身の回りの些細な事も、自分でやってみればそれは立派なDIYです。

ワタクシの事例で紹介します。

当時、小鳥を6羽飼っており、皆あまり仲が良くありませんでした。
通常サイズの鳥かごに6羽入れるとなるとすぐ喧嘩になってしまい、弱い鳥を保護する為に結局鳥かごが4つもありました。

その後ホームセンターやペットショップを巡ってみましたが、やはり小鳥用の大型籠の需要はなく、困っておりました。


大型鳥類用の籠はあるのですが、網目が大きくて小鳥だとすり抜けてしまいます。
毎日のエサや水、掃除のメンテも考えてここはいっちょ自分で作ってみるか!と一念発起したのであります。

で、当時ワタクシの家にあった工具といえばハサミとセロテープ

もはやDIYをするのもおこがましく、工具・物量が圧倒的に不足しておりました。
そこで、困った時のダイソーで必要と思われるものを買い、足りないものはホームセンターで買い足しと奮闘、出来上がった処女作の鳥かごがこれ。

振り返ると当時は勢いがあったと思います。

作る前は誰もがびっくりするような鳥かごを作ろうと思っていたのですが、別の意味でびっくりな出来具合になりました。

見てくれはアレだったのですが、6羽の鳥を同一籠内で飼育するという点においては、充分過ぎる空間スペースを実現できました。それから粗大ゴミとして処分されるまでの3年間は大役を果たしてくれたと自負しております。

結局のところ、DIYって形式ばったものではなく、「これ困ったなぁ」「何とかならないかなぁ。」→「自分で作ってみるか」の気持ちだとワタクシは思います。道具も一遍に揃えるとお金が無尽蔵に要るので、必要と思った時に必要なだけ揃えれば良いのです。

あれから年月が流れ、ワタクシも暇な時に色々なことにチャレンジしました。
工具も増え、資格も取り、知識・経験も付いてきたと思います。全部挙げたらキリがないのですが、今ではDIYでこんな事をやっています。

ねっ。DIYって幅が広いでしょう。

他にも電気コンセント増設(要資格)とか色々ご紹介していきたいのですが、今回は一旦ここまでにしておこうと思います。
当然、人それぞれでやりたい事や目標は違います。そこで、次回以降はDIYをやる上での基礎情報(素材、工具)の紹介を順次していこうと思います。

ではでは〜!